今年もやって来ました。黄色いの

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で自然素材を使ったパッシブデザイン住宅・リフォームを提案する おうちが遊び場・体験場、【のびのび子ども住宅】

今年もやってきました。黄色い粉が(T_T)

おはようございます。
今日も 子どもがのびのび暮らせるパッシブデザイン住宅を目指します。

本気で聴きます!建築家【のびのび子ども住宅】 九万田忠孝です。

 

飛んでます!
飛んでますよ!!

花粉が!!

スッゴク飛んでます。

花粉がきついです(T_T)

 

もう10年花粉症と付き合っていますが、
あれって、突然やってきました。

それまでは
駅の近くのマンションに住んでいたのですが、
家を建てたことをキッカケに山に住み始め、
その途端に花粉症がやってきたといった感じです。

 

 

それまでは全くです。
全く関係ないモノでした。

マンションでの暮らしで困ったことはなく、
それこそ、家族で山のほうに出かけてもなんの問題もありませんでした。

 

 

しかし、
引っ越してからそれはやってきました。

くしゃみ

着替えることが出来ません。
くしゃみが止まらないので朝着替えるのに10分はかかります。

鼻水
とまりません。
マスクが鼻水でべちゃべちゃになってしまいます

倦怠感。
花粉症の症状と関係有るのかないのかわかりません。
ただただ、へんなところに力が入ってしまい、疲れてしまいます

 

 

ゆっくりと眠れるようになればいいなって
この時期は常に思うことなんですよね。

花粉症にせよ、
シックハウスにせよ、
いったん、反応してしまうとずっと付き合っていかなければならないんです。

いや
花粉はまだ季節限定。

私の場合は
2月中旬から4月中旬までの2ヶ月で、
急に始まり、急に終わります。

シックハウスや
電磁波アレルギーはそうではないかもしれませんね。

ずっとですし、
様々なところで反応を引き起こしてしまいます。

たいへんだと思います。

そして
自分は花粉症ですが、子どもたちがそうなったら可哀想だとも思います。

幸いにして
子どもたちは何の影響もなく過ごしています。

本当に
のびのびと自然とともに暮らしている感じ。
アレルギーを気にせず暮らせる住まいっていいなと思いますね。

 

のびのび子ども住宅 は自然素材を使ったおうちが遊び場・体験場を提案する住宅会社です

おうちは家族の象徴。
子どもたちが楽しくのびのび過ごす場所であって欲しい。
おうちが、遊び場・体験場になる住宅と家具、そしてお庭をデザイン施工します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆

ちょっと待って!!

住まいづくりを始める前に知っておかなければならないことがあるのです!!

住まいづくり勉強会開催中!!
毎週日曜日の午後から開催。

会費は、500円/おひとり (ケーキとお茶の費用です<m(__)m>)

住まいづくりの
①お金のお話
②スケジュールのお話
③デザインと設備についてのお話

住まいに関心があるひとにはどなたでも必ずお役に立つ情報です。

お申し込みは、こちらから

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 】九万田 忠孝&眞理子
http://www.qt-create.com/