屋根の葺き替え工事

#高槻市の耐震工事
#耐震工事

高槻市の耐震工事が年明けから再スタート。

内部工事は完了し、残すところ、外部工事になります。
外部は屋根と外壁補修です。

今日、お伝えするのは屋根工事です。

img_3958
瓦と土をすっかりきれいにおろしました。

屋根に下地が見え、瓦を停めている桟が見えています。
しかし、これに屋根を直接葺くわけにはいきません。

屋根の下地工事が必要になります。

img_4023

地震も受け、建物も古くなってきています。
屋根が水平とは限りませんよね

再度下地調整をする必要があるんです。

瓦桟にもう一度木材を打ち付けて下地調整をしていきます。

今までの屋根も同じように
母屋、そして母屋に垂木をかけて、垂木の上に杉板を張り付けています。
杉板には防水シートがはっていますが、もう破れもひどくなっています。

瓦桟の上から垂木と同じ位置に木材を取り付けていきます。
ビスは垂木に届く長さとし、錆のことを考慮してステンレスビスで施工。

ちょっと高いですけどそのほうが後々のことを考えるといいですね。

 

下地材を作り上げたあとに
野地板をはっていきます。

12mmの野地板をはりルーフィング、そして屋根材という順番です。

そして
その前にやらなければならないことがあります。

それは写真の屋根の穴の部分から覗くとわかります。

 

次回にお伝えしますね

 

 


のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市・枚方市で

パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォーム・不動産をご提案

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、のびのび暮らせる住まいをご提案しています

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆

家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?

先ずは九万田の家づくり塾でお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?

初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。完全予約制で行っています。

お申し込みは、こちらから

お約束!!

九万田の家づくり塾に参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。

また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。

のびのび子ども住宅のお約束です!!

〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談

新築、2世帯住宅、制震断熱リフォーム、リノベーション、水回り改修、中古住宅
なんでもご相談ください即日対応目指しています!!

【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.

 

耐震補強工事 現場レポート①解体

#耐震補強工事
#解体

おはようございます。
のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 九万田です。

IMG_9974
今週から耐震補強工事がスタートしました。
先ずは解体。

さて
解体の様子を現場レポートします。
続きはこちらからお読みくださいね

耐震補強工事レポート①解体

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市・枚方市で

パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォーム・不動産をご提案

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォーム・中古住宅販売などを提案します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆

家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?

先ずは無料の資金計画セミナーでお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?

初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。完全予約制で行っています。

お申し込みは、こちらから

お約束!!

資金計画セミナーに参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。

また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。

のびのび子ども住宅のお約束です!!

〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談

新築、2世帯住宅、制震断熱リフォーム、リノベーション、水回り改修、中古住宅
なんでもご相談ください即日対応目指しています!!

【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.

 

道路にも明るさと風通しが必要

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で 吉野杉と自然素材を活かした耐震性高い健康住宅と家具を提案する おうちが遊び場・体験場、【のびのび子ども住宅】

南側道路に面した土地のプランで注意すべきコト

こんにちは!
高槻市で自然素材を使った注文住宅、リフォーム、家具デザインを提案する
【のびのび子ども住宅】Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝です。

昨日も吹田の現場です。

吹田の現場は
高槻の事務所(家ですけど)からだいたい10Km。

自転車でちゃりちゃりって行くにはちょうど良いくらいの距離。

高槻から吹田まではゆるい下り坂なので、
朝の現場はスイスイ行きます。

時間にして
だいたい30分。

朝の運動にはホントいい感じの距離と時間です。

吹田の現場は
耐震補強工事です。

地震対策ってやっぱり大切ですよね。
家だけでなくオフィスでの地震だってありえます。

今回の現場は
オフィスビルで倉庫兼事務所として使っておられます。
そのビルの補強工事ですね。

工事もおおよそ半分進みました。
あと半分、丁寧な仕事をやっていきたいと思います。

さて、
今日は日曜日で現場もお休みですので
しっかりプランニングの仕事を進めたいと思います。

頭の中にはほぼほぼ出来上がったプランニングを
図面に仕上げていきます。

前回お聞きしたご要望にプラスα、
九万田らしい提案を行っています。

明るさ、
機能、
プライバシー

いろいろと盛り込んでいます。

前回少しお伝えした道路に関することも検討済みです。

住宅の設計デザインをするときに
2つ斜線制限を考えなければなりません。

1つは前回お伝えした北側斜線制限。
もう一つは、道路斜線制限です。

道路斜線制限と言うのは、
道路は明るくしておくようにという制限です。

道路いっぱいいっぱいに建物が建っていると、
建物が覆いかぶさってくるようなイメージがありませんか?
道路が建物に囲われてしまっているような、そんな感じ。

暗くて狭さを強調してしまいます。
それに
風通しの悪い街になってしまいます。

そこで
道路からある一定の角度で建物をたてないようにしてね。
というのは、道路斜線制限です。

ぱっとマンションをみたりすると、
上のほうがバルコニーが大きな段々になっているマンションがあったりしませんか?

上のほうが斜めになっている形ですね。
あれば、上層階をゆったり作っているというだけでなく、
斜線制限にひっかっかっているからという理由もあります。

そして
この斜線制限は
用途地域によって厳しさが違います。

当然駅前のような場所ですとゆるいですが、
住宅、特に低層住居専用地域となるときびしくなります。

どれくらい厳しいかというと、
1.25%の角度で道挟んだ対面の敷地から斜線があがってきます。
厳しいと言っても、北側斜線制限よりはゆるいんです。

また
緩和措置もあって、
敷地境界線から建物をずらして建てると、
その分、道挟んだ相手も下がったこととしてみなしてくれるんです。

道路境界線ギリギリに建てることって実際はあまりありません。
50センチや1メートル、
庭や駐車場を設けたりすると数メートル、道路境界線から離れて建物を建てていますので、
実際は緩和措置を利用したら道路斜線制限は余裕でかわせることになります。

ということで
高い建物
たとえば、3階建てにする場合などは
慎重に考えなければなりませんから、これもまた設計デザイナーに尋ねてみてから土地を選ぶことをお薦めします。

そして、
先日と今日の2つの斜線制限から思うことがあります。
それは、、、

次回のブログでそのことについて触れていきたいと思います。

◆◆◆【のびのび子ども住宅】 は自然素材を使ったおうちが遊び場・体験場を提案する住宅会社です◆◆◆

おうちは家族の象徴。
子どもたちが楽しくのびのび過ごす場所であって欲しい。
おうちが、遊び場・体験場になる住宅と家具を設計デザインいたします。

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、
みんなが子どものために一生懸命考えた住まいになるように。

そして、その住まいで子どもがのびのびと過ごせるように。

PR!!
土地探しって手伝ってもらえるんですか?
はい!モチロンです!!

住まいづくりだけでなく、関連した土地探し・ローン相談、インテリアにエクステリア
家に関することは何でもお聞き下さい!!

ご相談は無料!!

高槻市の自然素材を使ったリフォーム&注文住宅、家具デザイン

【のびのび子ども住宅 】へ

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2−23−17
電話&FAX:072−628−9201
携帯: 090−6658−4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 】Q.T.Create建築デザイン 九万田 忠孝&眞理子

http://www.qt-create.com/