現在建築中の現場 みどころ⑥ 断熱

現在建築中の現場 みどころ⑥ 断熱

#床断熱と基礎断熱
#外気に接する部分

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザインの九万田眞理子&忠孝です。

kiso

今日は
床断熱と基礎断熱について書いてみました。

今回の現場は
床断熱。

そして
床断熱でもこんな工夫が大事ですということをお伝えしています。
これってちゃんとできている現場ってどれくらいあるのかなって思います。
意識して出来ている現場ってもしかすると少ないんだろうな~

自分の現場はできていますけど、
他の現場もそうあってほしいなって思います。
続きはホームページブログからお読みください。

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市で
パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォームをご提案

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォームを提案します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆

家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?先ずは無料勉強会でお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。

完全予約制で行っています。

お申し込みは、こちらから

お約束!!
勉強会に参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。
のびのび子ども住宅のお約束です!!

〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)


無料ご相談はこちらから

失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談

なんでもご相談ください!

【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝
http://www.qt-create.com/

広告

足元寒くて頭がボーッと。冷えのぼせする家って?

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市でリフォーム・リノベーション・注文住宅とエクステリア工事を提案する おうちが遊び場・体験場、【のびのび子ども住宅】

e1772cb6aac6cfeda16f80119cedbc90_s

足元寒くて頭がぼーっと。冷えのぼせする家って?

おはようございます。
今日も 子どもがのびのび暮らせる住まいづくりを目指します。

本気で聴きます!建築家
【のびのび子ども住宅】 九万田忠孝です。

 

極寒ですね。

今日はそんな挨拶が飛び交いそうです。
いや、本当に寒い

 

高槻は雪こそ降らなかったですが、
気温は氷点下まで下がっています。

目には見えませんが
道路は凍結しているんでしょうね。

寒いです。
−4度くらいだそうで。

昨日のブログに
施工がしっかりしていないと
っていうお話を少し書きました。

 

どういうことかっていうと、
例えば、私の家の話。

 

私の家には大きな吹抜けがあります。
大きさで言うと、6帖ぐらいの大きな吹抜けです。

ここまで大きく吹抜けがあると、
空気を温める部屋が大きくなりすぎて寒いんだろうなって思いますよね。

 

なぜそう思うかって
暖かい空気が上に上に上がってしまって
吹抜けのほうに、暖かい空気がいってしまうと思うと思うんです。

リビングのほうは
暖かい空気が抜けてしまっているからさぞ寒いんだろうなって思いそうなんですが、
実はそうではなかったりします。

 

もちろん
暖かい空気は上にあがりますが、
それほど寒さを感じません。

逆に寒さを感じてしまう吹抜けのある家というのは、ある特徴があります。

 

それは
床の断熱がしっかりとできていない家がそうなのです。

 

というのは
足元が冷えるなってことありますよね。

 

足元ばっかりが冷えて、頭がぼーっとする
いわゆる

 

冷えのぼせ

 

足元って床から伝わる熱が逃げてしまっている状態。
そして
部屋を温めようとする暖房。

この温度差が出来て
更に温度差を加速させるんです。

 

暖かい空気は更に上に上がるということです。

 

しっかりと床の断熱をすると
吹抜けがあっても暖かさを維持することができるんですよね。

これは
マンションでも同じですね。

ちょっと昔のマンションだったら
下に部屋が無いようなタイプは足元がすーすーしていました。

 

下がお部屋じゃなくて
駐車場だったりするタイプのマンションですね。

 

寒いのが伝わりやすくて
というよりも、温まりにくいし寒いのをずっと維持しようとするので、
こういった冷えのぼせ状態になりやすいです。

 

昨日、
設計と施工のお話をしました。

 

設計上では断熱材を入れる計画になっていて、施工も入っているが。。。

というお話をしました。
断熱材を入れて、しっかりと気密を保っているのと、

断熱材を入れました

というのでは違います。

 

しっかりと入れなければ
隙間が出来てしまって、こんな日の寒さを床に伝えてしまいます。
部屋を寒くしてしまいます。
冷えのぼせになってしまいます。

冷えのぼせになるのは
床からの寒さが伝わってきているからということを
しっかり覚えてくださいね。

 

そして
しっかりと
床を断熱することが大事だって家を建てるときには覚えておいてくださいね。

 

のびのび子ども住宅 は自然素材を使ったおうちが遊び場・体験場を提案する住宅会社です

おうちは家族の象徴。

子どもたちが楽しくのびのび過ごす場所であって欲しい。

おうちが、遊び場・体験場になる住宅と家具、そしてお庭をデザイン施工します

◆◆◆

追伸

◆◆◆

ちょっと待って!!

住まいづくりを始める前に知っておかなければならないことがあるのです!!

住まいづくり勉強会開催中!!

毎週日曜日の午後から開催。

会費は、500円/おひとり (ケーキとお茶の費用です<m(__)m>)

住まいづくりの

①お金のお話

②スケジュールのお話

③デザインと設備についてのお話

住まいに関心があるひとにはどなたでも必ずお役に立つ情報です。

お申し込みは、こちらから

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23の17

電話&FAX:072 628 9201

携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 】九万田 忠孝&眞理子

http://www.qt-create.com/

リフォームしたい場所No.1は家の何が不満?

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で自然素材を活かしたリフォーム・リノベーション・注文住宅・エクステリア工事なら、子どもが住まいを通してアスレチックのようなワクワク経験を提案する おうちが遊び場・体験場、【のびのび子ども住宅】へ

みんなが再優先にリフォームしたいNo.1は家の何が不満

おはようございます!
自然素材で子どもがワクワクする住まいと外構工事なら
【のびのび子ども住宅】 九万田忠孝です。

きゃー
昨日は寒かったー

咲州庁舎に行ってきました。

海のそばで
風がびゅんびゅん吹いて。
寒い寒い
2016-01-14 11.50.31

やっぱり
海風ですね。

咲州に行ってきたのは目的は2つ。
1つは、経営革新計画の打合せ。
もう一つは宅建事業者への登録。

このことはもう少し後に詳しくお話しますね。
今年もやることいっぱいです。

そして
午後は
大阪府住宅省エネルギー施工技術講習会に参加してきました。

平成25年度省エネルギー基準が完全施工されて
もうすぐ1年となります。

それまでの
基準も素晴らしかったのですが、
今の基準は

より少ないエネルギーで効率よく

がテーマになっていて、
気密重視の家づくりになっています。

いや
それだけでなく
自然と共存共栄がもっと大きなテーマなんでしょうね。

より少ないエネルギーで
と申し上げたのは
どうしても現在は何かしらの温度調整の機械などをつけなければ過ごすことが出来ないという考え方を元に住まいづくりを行っています。

夏は暑いからクーラーをつける
冬は寒いからヒーターをつける

当たり前の選択ですが
昔はそこまでなかったんですよね。

それがどんどんエネルギー消費が増え続けていて、
エネルギー消費が増えると、CO2も増える。
だから、少ないエネルギーで、となってきています。

実際に
リフォームしたい場所No.1は?のアンケート結果では
太陽光パネルも含めた省エネだそうです。

それに続いて
2位、キッチンの設備
3位、浴室トイレなどの性能向上
4位、バリアフリー
5位、間取りの変更
となっています

実に34.7%の方が1位に省エネルギーと応えておられるのは
関心の高さを表していますよね

設計デザインの立場から考えると、
パッシブなデザインを取り入れなければならないと
つくづく思います。

パッシブなデザインとは
建物の構造や材料で快適な空間づくりを考えるということ。

例えば
夏の太陽高度を考えると
庇を長くとることが大事であり、

グリーンカーテン、
野菜とかを壁際に植えることですね、
それらによって壁を暑くすることを避ける工夫をするなどなど。

また
落葉広葉樹を植えることにより
日差しを遮ったり
冬は葉が落ちてしまっているので日差しを取り入れたりなど、
様々な工夫が大事になってきます。

風の流れを取り込むことも大切ですね。

昨日はそれらとともに
こんな模型を見ながら
2016-01-14 15.49.37

断熱材の施工のポイントと
気密をとるための部分。

いわゆる
キモ
を学んできました。

断熱材を入れているだけでは実は十分ではなく、
断熱材を入れて、
且つ
気密をとることが大切なんですよね。

気密をどれくらいまでするかは
また別のお話なのですが、
隙間なく
連続して施工することが大事であることは間違いありません。

そして
空気の逃げ場がなくなるので
室内の空気が濁ってしまうのも事実だから
人に優しい素材を使わなければならないのも、事実です。

合板や
ビニールクロスではなく
できるだけ有害物質を予め室内に持ち込まない素材選定が
私たち、のびのび子ども住宅の住まいづくりだと
改めて感じたわけです。

断熱や気密に関するお話は
引き続きしていきます。

キモの部分もお伝えしなければなりませんからね。

 

◆◆◆【のびのび子ども住宅】 は自然素材を使ったおうちが遊び場・体験場を提案する住宅会社です◆◆◆

おうちは家族の象徴。
子どもたちが楽しくのびのび過ごす場所であって欲しい。

おうちが、遊び場・体験場になる住宅と家具を設計デザインいたします。

お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、
みんなが子どものために一生懸命考えた住まいになるように。

そして、その住まいで子どもがのびのびと過ごせるように。

 

PR!!
土地探しって手伝ってもらえるんですか?

はい!モチロンです!!

住まいづくりだけでなく、関連した土地探し・ローン相談、インテリアにエクステリア、家に関することは何でもお聞き下さい!!

ご相談は無料!!

高槻市の自然素材を使ったリフォーム・リノベーション・注文住宅、エクステリア工事は
【のびのび子ども住宅 】へ

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2−23−17
電話&FAX:072−628−9201
携帯: 090−6658−4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 】 九万田 忠孝&眞理子
http://www.qt-create.com/