メガソーラーの工事現場の桜の木

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で自然素材を使ったパッシブデザイン住宅・リフォームを提案する おうちが遊び場・体験場、【のびのび子ども住宅】

メガソーラーの工事現場の桜の木

おはようございます。
今日も 子どもがのびのび暮らせるパッシブデザイン住宅を目指します。

本気で聴きます!建築家【のびのび子ども住宅】 九万田忠孝です。

2016-04-01 19.48.59

桜満開の土曜日、
今日はお花見というご家族も多いのでしょうね。

我が家は
スケジュールを調整して明日の日曜日の朝にお花見。

そして
写真は我が家の玄関。
ちょっとサクラの木を飾ってみました。

2016-04-01 19.47.30

枝を折ったわけではありませんからね!!

昔から桜の木をおってはいけないと言われていますよね。
はい、その通り

無駄におってはいけません。

どうしてかというと
追ったところから菌が入って桜の木は枯れてしまうから。

ちゃんと保護剤を塗布したりしないといけないんですよ。
だから勝手に枝を折ってないですからね!!

この枝は何かとう言うと、
今携わっている現場の木。

今携わっている現場で
伐採作業がありました。

開花を前にサクラの木も伐採が必要で伐採の木を少しいただいてきました。2016-03-31 11.29.03

この木は伐採をせずに残した木です。
こんな大きな木が沢山ありましたが、切っています。

その枝を少しだけいただいたというわけ。
桜の花も開かずのままよりも
誰かにみてもらうほうが幸せなんじゃないと現場の方々は言っています。

木を切る人、それを片付ける人、
すこしずつみんなが家に持ち帰って桜を家で楽しんでいるそうです。

そういう私もその一人です。

現場は
ゴルフ場。

ゴルフ場に大きな太陽光発電所をつくっています。
その現場に来ています。
本当に大きなメガソーラーです。

測量作業をしているのですが
非常に大きなゴルフ場のためやってもやっても先に進まない感じ。

そして
作業は細かな作業。

本当に先に進みません。毎日ちょっとずつです。

イヤになる?
そう思われるくらいこまなく先が進まない作業なのですが、少し考えを変えてこんなふうに思っています。

そんなゆっくりの現場もいいものだなって。
ゆっくりな歩みが次の大きな仕事につながっていくことを実感しています。

それは
桜の木が冬の間に少しずつ少しずつ成長していき
この春に大きな花を咲かせるようなものだと。

次の大きな仕事に向かって今日も1日頑張ります!!

のびのび子ども住宅 は自然素材を使ったおうちが遊び場・体験場を提案する住宅会社です

おうちは家族の象徴。

子どもたちが楽しくのびのび過ごす場所であって欲しい。
おうちが、遊び場・体験場になるパッシブデザイン住宅をデザイン施工します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆

ちょっと待って!!
住まいづくりを始める前に知っておかなければならないことがあるのです!!

住まいづくり勉強会開催中!!

毎週日曜日の午後から開催。
会費は、500円/おひとり (ケーキとお茶の費用です<m(__)m>)

住まいづくりの

①お金のお話
②スケジュールのお話
③デザインと設備についてのお話

住まいに関心があるひとにはどなたでも必ずお役に立つ情報です。

お申し込みは、こちらから

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 】九万田 忠孝&眞理子

http://www.qt-create.com/

緊急時のコンセント

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市でリフォーム・リノベーション・注文住宅とエクステリア工事を提案する おうちが遊び場・体験場、【のびのび子ども住宅】

緊急時のコンセントの位置、考えていますか?

おはようございます。
吉野杉や珪藻土壁・シラス壁でリフォーム・リノベーション・注文住宅とエクステリア工事の
【のびのび子ども住宅】 九万田忠孝です。

 

寒いです!
大阪にも雪が降りました!!

 

というか、
家の前は真っ白です!!

 

おそらく
今日は大阪もパニックです。

 

うちのまわりは
坂ばかりですので、通勤通学はちょっと危険。

 

本当に気を付けなければ。。。

IMG_3837

写真を撮ってみました。

まだ誰も歩いていません。。。

 

子どもたちは
もう喜ぶような年でもなく、どうやって行こう?と準備を早々にしていました。

 

こんなに積もってるんですが、
実は、丘からちょっと降りると全然だったりするのが、本当に不思議です。

 

あー山の上に住んでるって感じです。
パニックになるのは、我が家の周りだけかも。。。

 

昨日は
「この雪が降るときに電気が使えなくなったらどうやって暖をとりますか?」
というテーマで
ブログを書きました。

 

多くの方が読んでいただき
反響をいただけました。

 

阪神淡路大震災の時の寒さについて
思い出された方もおられるでしょうし、

 

まさに、今、この寒さでそうなったらと考えていただいた方も多くおられたことだと思います。

 

省エネから創エネに向けて様々なことを考えなければならないと思います。

 

太陽光パネルをつくることや
エネファームで電気を発電すること

 

太陽光やエネファームを使われていない方は
「でも、停電したら使えなくなるんじゃないの?」
と思われるかもしれませんが、

 

エネファームは
電気の供給がとまると自動で自立発電になり、
エネファームから供給される電気を使えるようになりますし

 

また、
太陽光も緊急用のコンセントがついているので、
使えるようになります。

 

ここでポイントは
こういったコンセントをどの位置に設置するかということになりそうです。

 

住宅設計をするときに
コンセント位置は普段の生活を基準に考えるのが当然のセオリー。

 

だから
緊急時のコンセントの位置はわざわざ考えないものです。

 

しかし
エネファームから緊急時供給される電気はどこで使えるのかを考えておかなければ、
使いにくくなってしまっては意味がありません。

 

太陽光の場合は
パワーコンディショナーが屋外にある場合は
室内に非常コンセントがありますし、
もし、室内に取り付けた場合は屋内パワーコンディショナーに差し込みがあるはずです。

 

パワコンが屋内の時は
分電盤の近くに設置することが多いので、
洗面脱衣室が多くなりそうですよね。

 

洗面脱衣室にどうして分電盤なのかは、理由がありますが、また今度にします。

 

話はもどって
緊急コンセントは洗面脱衣室?
となると実際は使いにくくありませんか?

 

みんなが集まる
リビングやダイニングから洗面脱衣室が近ければいいのですが、
遠ければ使いにくそうですよね。

3階建ての家とかでは、けっこう
水回りが遠いなんてことは普通にありますから。

 

携帯電話の充電にも
お湯をわかしたりするにも洗面脱衣室からでは遠いように気がします。
新築やリフォームをするときに
設備として
太陽光やエネファーム、蓄電池のシステム、電気自動車のコンセントなど
緊急時のコンセントについて考えてみてはいかがでしょうか?

私としては
やっぱりダイニングの近くがなんだかんだ必ず集まる場所なので便利かと思います。

そして
緊急時コンセントは
オプション扱いだったり、
住宅会社の方も気が付かなかったりすることなので見落としがちです。

こういったこともまで
わざわざ提案してくれる方と住まいづくりができるようにしてくださいね。

 

こういう内容も
勉強会の第3話でお話します。

ぜひ、住まいづくりに興味がある方はお申し込みくださいね。

のびのび子ども住宅 は自然素材を使ったおうちが遊び場・体験場を提案する住宅会社です

おうちは家族の象徴。
子どもたちが楽しくのびのび過ごす場所であって欲しい。
おうちが、遊び場・体験場になる住宅と家具、そしてお庭をデザイン施工します

◆◆◆
追伸
◆◆◆

ちょっと待って!!
住まいづくりを始める前に知っておかなければならないことがあるのです!!

住まいづくり勉強会開催中!!

毎週日曜日の午後2時から開催。
会費は、500円/おひとり (ケーキとお茶の費用です<m(__)m>)
お子様は無料

内容は、住まいづくりの
①お金のお話
②スケジュールのお話
③デザインと設備についてのお話

住まいに関心があるひとにはどなたでも必ずお役に立つ情報です。
お申し込みは、こちらから

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 】九万田 忠孝&眞理子
http://www.qt-create.com/

太陽光発電システムの取扱い業者さんが◯◯

太陽光発電システムの取扱業者さんが随分と減っているそうです。

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?

「こういうの いいね!」をわざわざ創る
本気で聴きます建築家 Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝です

新緑さわやかですね。
そんな5月15日は、
午前中、取引業者さんとの打合せ。

資料の提出を行うのと同時に
いろいろな情報交換をさせていただきました。

ありがたい、ありがたいm(_ _)m

今日の取引業者の方は
太陽光発電システムを販売されている会社。

太陽光発電システムの業界情報などなどをお聞きしていました。

そうそう
九万田は健康に配慮した吉野杉と漆喰・シラス壁の注文住宅やリフォーム・リノベーションをご提案していますが、
太陽光発電システムの販売もしていますから、
興味がある方はお問い合わせくださいね。

先日のニュース
またまた電気代があがるそうです。

困ったなーと思います。
毎日のことですから、非常に気になるニュースですね。

このようなニュースを聞くと
やっぱり太陽光発電システムの提案が重要だなと思います。

今、目の前の電気代もそうですが、
今後10年15年と電気代は更に上がっていくのかもしれませんから、
そう考えると、電気の費用についてしっかりと考えなければならないと思います。

じゃあ、
太陽光発電システムを取り扱う業者選びってどうすればいいの?と思いますよね。

取り付けてくれる業者って沢山ありますから
どこがいいのか分かりません。

しかし、今、
太陽光発電システムを販売している会社は
ちょっと減ったようなことを今日の打合せでお聴きしました。

5年ほど前に注目されたこの商品も
各地方自治体からの補助金がなくなったり
買取価格が年々下がってきているなどで、

太陽光発電システムを取り付けたいというお客様が
ぐーんと減ってきているそうです。

つまり
提案方法が
・補助金が出る
・売電で元がとれる
といったメリットをお伝えする営業スタイルだったようで

お客様がどんな状況で
お客様がどのようなことに困り悩んでいて、
お客様がどのようになりたいのか

しっかりと聴く
ことが出来ていない会社が多いのだということが予想できます。

そして
それが良いと判断されご縁を繋いでいく、
大事なことなのですが、出来ていないのかもしれません。

商売は牛の涎の如く

と言われるように
細くても途切れないことが重要だと思っている私には
売れなくなったから、ハイ、おしまい
といったビジネススタイルは、ちょっとビックリですけどね。
(@_@。

であるならばどういう業者を選べばいいの?
インターネットで
価格ドットコムで太陽光発電システムの一発見積もりも出来てしまう時代。

価格だけで比較するのは簡単ですが、
上述のような業者では
家のことを任せて安心と思えるでしょうか?

きっと無理。

やっぱり
良かった、任せて安心と思われる仕事っぷりが大事ですね。
どういうメンタナンスをしてくれるのか、
何年に一度のメンテナンスなのか、

そういうことを明らかにしてくれる業者が重要だと思います。

ちなみに
Q.T.Create建築デザインでは

建ててからが本当のお付き合い
そう考えて、

・1ヶ月点検
・半年点検
・1年点検
・2年点検
・3年点検
・5年点検
・7年点検
・10年点検
あとは
・5年毎に定期点検。
また不都合がある場合は直ぐにお伺いできるようにしています。

だから施工エリアも縮めているのです。
すぐ伺えることが大事だから。
ご縁を繋いでいくこと。
大切だと思っています。

そんなお話をしていました。
そして

業者さんに、
九万田の営業方法ってどう思う?と提案書の内容を聞いてみると、

正直、
ココまで資料を揃えて
細かく分析して提案する業者の方はいないですね!!

って驚かれました。
(^O^)/
嬉しい褒め言葉頂いちゃいました。

自慢になっちゃいますが
どうやったら一番分かりやすいだろうと
常に試行錯誤しているのが
やっぱり建築デザインをしている私ならではの提案スタイルなんです。

そのスタイルがいいなーと思っていただければ嬉しいです

今日はココまで。
またご意見やご質問を聞かせて下さい。
あなたからのメッセージをお待ちしております。

追伸
リフォーム現場見学会を行います。
今回は完成リフォーム現場見学会。

5月30日、31日です。
11時から16時まで、
是非下記のフォームからお申込み下さい。

あなたからのお申込お待ちしております。

現場見学のお問い合せはこちらから

https://system.formlan.com/form/user/qtcreatekentiku/1/

◆◆◆Q.T.Create 建築デザイン は木造の注文住宅専門です◆◆◆

お施主様の悩みである
資金計画は大丈夫か?
打合せがちゃんと出来るのか?
スケジュールはちゃんと進められているのか?使われている材料は大丈夫か?

将来の漠然とした不安、先ずは、お施主様の望まれる住まいづくりを本気で聴くコト
それが私達Q.T.Create建築デザインの仕事です。

そして
資金計画、設計、職人との打合せ、本気で住まいづくりの打合せを最適化して、
結果、あなたの大切な建築費を10%カットいたします。

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23−17
電話:072−628−9201 or 090−6658−4378
E-MAIL:
kentiku@qt-create.com

Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝
http://9manda.wix.com/qtc-kentiku-design