今、停電したらどうやって暖をとりますか?

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市でリフォーム・リノベーション・注文住宅とエクステリア工事を提案する おうちが遊び場・体験場、【のびのび子ども住宅】

ちょっとイメージしてみてください。
もし、この雪の寒い中、停電したら、
どうやって暖をとりますか?

おはようございます。
今日も 子どもがのびのび暮らせる住まいづくりを目指します。
本気で聴きます!建築家【のびのび子ども住宅】 九万田忠孝です。

 

いやー
風がきつかったですね。

シャッターをバタバタと風がならして
何回も目を覚ましてしましました。

昨日、今日、明日と
強風で、雪が降るそうですね。

そんな中、私も今日は午後から打合せに出かけなければなりません。
しっかりと防寒して出かけたいと思います。

しかし、
寒さ対策で感じることがやっぱりあります。

家って
あったかいな。
ということ。

家のソトとナカでは大違いだなって。

ブログにも書いたことがありますが、
九万田家の暖房設備は、ドイツ・スティーベル社の24時間暖房の蓄熱ヒーター。

IMG_3706

これが暖かい。

蓄熱ヒーターってどうなの?
と思われる方は見に来ていただければいいですね。
下にあります勉強会の時にでもお話させていただきますのでお申し込みくださいね。

 

この暖かい暖房器具のおかげで、
朝起きた時もぽっかぽか。
外出先から戻った時もぽっかぽか。

ありがたいなって思います。

 

普通は
寒い寒い-と思いながら
エアコンのスイッチをポチットなって押してから部屋があたたまる。

予約をしている方もいるでしょうね。
部屋があたたまるまでは
布団の中が幸せいっぱいですね〜あー幸せ、おふとん。

ここが
大きく違うの蓄熱ヒーター。
もう既に暖かいという点。
ありがたい、ありがたい。

ちょっと
乾燥気味なので加湿器が必要なので
室内干しをしているとあっという間に乾くというのも助かる点なんです。

しかし
1月17日のようなことがあったらとも思います。

1月17日に阪神淡路大震災がありました。
あの時、私は会社員で、自宅でまだ寝ている時に、
寝ぼけながらいたことを思い出します。

幸いにして
家の被害はなく、父母も無事でしたが、
大学時代の友人は西宮に多くいましたので大変な被害を受けていました。

家も被害があり、
街も被害を受け、
復興に時間を要したのはご存知のとおりですね。

インフラが復旧するのに時間がかかった。

今と同じ時期で
暖をとるのが大変だったことを、よくお聞きしました。

21年前の建物というと、
次世代省エネ基準の前。

正直まだまだ
技術が追いついていなかったころです。

今では当たり前になっているサッシの仕様も
アルミの単板ガラスがほとんどで、
樹脂サッシとかペアガラスとかは使われていない頃です。

断熱材もかろうじて入れ始めていた頃だと思います。

阪神淡路大震災の後に
省エネ基準が見直されたのですから、当然といえば当然ですよね。
それ以前の建物ですので、
断熱性能はいまほど良くはなかった。

気密も悪いので
隙間風も吹いたことでしょう。
床が冷たくも感じたことでしょう。

だから
暖房をつける電気が止まると
様々な暖房器具が止まってしまいます。

寒さを感じて、暖をとることが大変だったと思います。

阪神淡路大震災のことを思えば、
今の住宅性能は非常に高くなっています。
断熱性能もあがり、気密性能もあがり、家そのものの品質が向上しています。

しかし
今でも変わらないことがあります。

インフラが止まってしまうと、熱源がなくなってしまうという事実。

我が家の蓄熱暖房機はもちろん役に立ちません。
エアコンはもちろん、ガスストーブや石油ストーブも電気を使っているタイプは使えなくなります。
火が直接見えるストーブでさえも
今は電気がなければ動かない。

昨日も
子どもたちと食事をしながら
万が一のことがあったときのことを伝えました。

何かがあった時
太陽光の電源を使えることを伝えました。

携帯電話や暖房器具など
一部使えるようになることで多くに人が助かることを伝えました。

災害の時のために
創エネを普段から考えておく必要があると思います。

もし
この寒い中でエアコンがつかなかったら、
あなたは暖を取る方法を知っていますか?

のびのび子ども住宅 は自然素材を使ったおうちが遊び場・体験場を提案する住宅会社です

おうちは家族の象徴。
子どもたちが楽しくのびのび過ごす場所であって欲しい。
おうちが、遊び場・体験場になる住宅と家具、そしてお庭をデザイン施工します

◆◆◆
追伸
◆◆◆

ちょっと待って!!
住まいづくりを始める前に知っておかなければならないことがあるのです!!

住まいづくり勉強会開催中!!

毎週日曜日の午後から開催。
会費は、500円/おひとり (ケーキとお茶の費用です<m(__)m>)

住まいづくりの
①お金のお話
②スケジュールのお話
③デザインと設備についてのお話

住まいに関心があるひとにはどなたでも必ずお役に立つ情報です。
お申し込みは、こちらから

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 】九万田 忠孝&眞理子
http://www.qt-create.com/

太陽光発電システムの取扱い業者さんが◯◯

太陽光発電システムの取扱業者さんが随分と減っているそうです。

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?

「こういうの いいね!」をわざわざ創る
本気で聴きます建築家 Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝です

新緑さわやかですね。
そんな5月15日は、
午前中、取引業者さんとの打合せ。

資料の提出を行うのと同時に
いろいろな情報交換をさせていただきました。

ありがたい、ありがたいm(_ _)m

今日の取引業者の方は
太陽光発電システムを販売されている会社。

太陽光発電システムの業界情報などなどをお聞きしていました。

そうそう
九万田は健康に配慮した吉野杉と漆喰・シラス壁の注文住宅やリフォーム・リノベーションをご提案していますが、
太陽光発電システムの販売もしていますから、
興味がある方はお問い合わせくださいね。

先日のニュース
またまた電気代があがるそうです。

困ったなーと思います。
毎日のことですから、非常に気になるニュースですね。

このようなニュースを聞くと
やっぱり太陽光発電システムの提案が重要だなと思います。

今、目の前の電気代もそうですが、
今後10年15年と電気代は更に上がっていくのかもしれませんから、
そう考えると、電気の費用についてしっかりと考えなければならないと思います。

じゃあ、
太陽光発電システムを取り扱う業者選びってどうすればいいの?と思いますよね。

取り付けてくれる業者って沢山ありますから
どこがいいのか分かりません。

しかし、今、
太陽光発電システムを販売している会社は
ちょっと減ったようなことを今日の打合せでお聴きしました。

5年ほど前に注目されたこの商品も
各地方自治体からの補助金がなくなったり
買取価格が年々下がってきているなどで、

太陽光発電システムを取り付けたいというお客様が
ぐーんと減ってきているそうです。

つまり
提案方法が
・補助金が出る
・売電で元がとれる
といったメリットをお伝えする営業スタイルだったようで

お客様がどんな状況で
お客様がどのようなことに困り悩んでいて、
お客様がどのようになりたいのか

しっかりと聴く
ことが出来ていない会社が多いのだということが予想できます。

そして
それが良いと判断されご縁を繋いでいく、
大事なことなのですが、出来ていないのかもしれません。

商売は牛の涎の如く

と言われるように
細くても途切れないことが重要だと思っている私には
売れなくなったから、ハイ、おしまい
といったビジネススタイルは、ちょっとビックリですけどね。
(@_@。

であるならばどういう業者を選べばいいの?
インターネットで
価格ドットコムで太陽光発電システムの一発見積もりも出来てしまう時代。

価格だけで比較するのは簡単ですが、
上述のような業者では
家のことを任せて安心と思えるでしょうか?

きっと無理。

やっぱり
良かった、任せて安心と思われる仕事っぷりが大事ですね。
どういうメンタナンスをしてくれるのか、
何年に一度のメンテナンスなのか、

そういうことを明らかにしてくれる業者が重要だと思います。

ちなみに
Q.T.Create建築デザインでは

建ててからが本当のお付き合い
そう考えて、

・1ヶ月点検
・半年点検
・1年点検
・2年点検
・3年点検
・5年点検
・7年点検
・10年点検
あとは
・5年毎に定期点検。
また不都合がある場合は直ぐにお伺いできるようにしています。

だから施工エリアも縮めているのです。
すぐ伺えることが大事だから。
ご縁を繋いでいくこと。
大切だと思っています。

そんなお話をしていました。
そして

業者さんに、
九万田の営業方法ってどう思う?と提案書の内容を聞いてみると、

正直、
ココまで資料を揃えて
細かく分析して提案する業者の方はいないですね!!

って驚かれました。
(^O^)/
嬉しい褒め言葉頂いちゃいました。

自慢になっちゃいますが
どうやったら一番分かりやすいだろうと
常に試行錯誤しているのが
やっぱり建築デザインをしている私ならではの提案スタイルなんです。

そのスタイルがいいなーと思っていただければ嬉しいです

今日はココまで。
またご意見やご質問を聞かせて下さい。
あなたからのメッセージをお待ちしております。

追伸
リフォーム現場見学会を行います。
今回は完成リフォーム現場見学会。

5月30日、31日です。
11時から16時まで、
是非下記のフォームからお申込み下さい。

あなたからのお申込お待ちしております。

現場見学のお問い合せはこちらから

https://system.formlan.com/form/user/qtcreatekentiku/1/

◆◆◆Q.T.Create 建築デザイン は木造の注文住宅専門です◆◆◆

お施主様の悩みである
資金計画は大丈夫か?
打合せがちゃんと出来るのか?
スケジュールはちゃんと進められているのか?使われている材料は大丈夫か?

将来の漠然とした不安、先ずは、お施主様の望まれる住まいづくりを本気で聴くコト
それが私達Q.T.Create建築デザインの仕事です。

そして
資金計画、設計、職人との打合せ、本気で住まいづくりの打合せを最適化して、
結果、あなたの大切な建築費を10%カットいたします。

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23−17
電話:072−628−9201 or 090−6658−4378
E-MAIL:
kentiku@qt-create.com

Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝
http://9manda.wix.com/qtc-kentiku-design

高槻市の創エネ・省エネ器機導入に補助

高槻市の補助金
高槻市の創エネ・省エネ機器導入に補助金!!
完全予約制の戸建てリフォーム現場見学会を行います。

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で自然素材を使った健康住宅、健康リフォーム、リノベーションでシックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?

「こういうの いいね!」をわざわざ創る
本気で聴きます建築家 Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝です

おはようございます。
良い天気のゴールデンウィーク。
おめざめいかがですか?

今日も夏日になりそうな大阪です。
昨日は私は梅田にいましたが人・人・人ですね。

梅田もそうでしたが
私が住む高槻市も人・人・人
昨日は芥川の鯉のぼりがスゴイ泳いでいたようです。

毎年この時期は鯉のぼりが芥川にかけられます。
何匹の鯉のぼりが泳いでいるのかな?
100、200、500くらいかな?

それ以上の人が芥川に集まっていたようです。
涼を求めていましたね。

そんな高槻の広報誌を読んでいましたら
高槻市でもエコを意識した暮らしを応援する記事が掲載されていました。

高槻市でも住まいの在り方を大切にしています。
一人でも多くの人が高槻市に住みたいと言ってもらえるような工夫が大切ですよね。
そこで住まいに関する支援事業があるのです。

それが
エコハウス補助金制度。
創エネ、省エネの器機導入時に利用できる高槻市独自の補助金制度。

具体的には
太陽光発電システム、太陽熱利用システム、ペレットストーブなどなど
それらを取り入れた時にその一部を補助金として援助してもらえるというもの。

一時
多くの市町村で取り入れられていましたが
財政面での見直しもあって排除されるところが多かったです。

高槻市は市民に易しいですね。
今のまた扱いがあります。
詳しくはまた明日のブログでお伝えしていきますヽ(=´▽`=)ノ

現場見学のお問い合せはこちらから

https://system.formlan.com/form/user/qtcreatekentiku/1/

◆◆◆Q.T.Create 建築デザイン は木造の注文住宅専門です◆◆◆

お施主様の悩みである
資金計画は大丈夫か?
打合せがちゃんと出来るのか?
スケジュールはちゃんと進められているのか?使われている材料は大丈夫か?

将来の漠然とした不安、先ずは、お施主様の望まれる住まいづくりを本気で聴くコト
それが私達の仕事です。

そして
資金計画、設計、職人との打合せ、本気で住まいづくりの打合せを最適化して、
結果、あなたの大切な建築費を10%カットするのが私たちの仕事です。

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で自然素材を使った健康住宅、健康リフォーム、リノベーションでシックハウス・アレルギーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?
一度あなたの家についての思いを本気でQ.T.Create建築デザインにはなしてみてください。

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23−17
電話:072−628−9201 or 090−6658−4378
E-MAIL:
kentiku@qt-create.com

Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝
http://9manda.wix.com/qtc-kentiku-design