足元寒くて頭がボーッと。冷えのぼせする家って?

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市でリフォーム・リノベーション・注文住宅とエクステリア工事を提案する おうちが遊び場・体験場、【のびのび子ども住宅】

e1772cb6aac6cfeda16f80119cedbc90_s

足元寒くて頭がぼーっと。冷えのぼせする家って?

おはようございます。
今日も 子どもがのびのび暮らせる住まいづくりを目指します。

本気で聴きます!建築家
【のびのび子ども住宅】 九万田忠孝です。

 

極寒ですね。

今日はそんな挨拶が飛び交いそうです。
いや、本当に寒い

 

高槻は雪こそ降らなかったですが、
気温は氷点下まで下がっています。

目には見えませんが
道路は凍結しているんでしょうね。

寒いです。
−4度くらいだそうで。

昨日のブログに
施工がしっかりしていないと
っていうお話を少し書きました。

 

どういうことかっていうと、
例えば、私の家の話。

 

私の家には大きな吹抜けがあります。
大きさで言うと、6帖ぐらいの大きな吹抜けです。

ここまで大きく吹抜けがあると、
空気を温める部屋が大きくなりすぎて寒いんだろうなって思いますよね。

 

なぜそう思うかって
暖かい空気が上に上に上がってしまって
吹抜けのほうに、暖かい空気がいってしまうと思うと思うんです。

リビングのほうは
暖かい空気が抜けてしまっているからさぞ寒いんだろうなって思いそうなんですが、
実はそうではなかったりします。

 

もちろん
暖かい空気は上にあがりますが、
それほど寒さを感じません。

逆に寒さを感じてしまう吹抜けのある家というのは、ある特徴があります。

 

それは
床の断熱がしっかりとできていない家がそうなのです。

 

というのは
足元が冷えるなってことありますよね。

 

足元ばっかりが冷えて、頭がぼーっとする
いわゆる

 

冷えのぼせ

 

足元って床から伝わる熱が逃げてしまっている状態。
そして
部屋を温めようとする暖房。

この温度差が出来て
更に温度差を加速させるんです。

 

暖かい空気は更に上に上がるということです。

 

しっかりと床の断熱をすると
吹抜けがあっても暖かさを維持することができるんですよね。

これは
マンションでも同じですね。

ちょっと昔のマンションだったら
下に部屋が無いようなタイプは足元がすーすーしていました。

 

下がお部屋じゃなくて
駐車場だったりするタイプのマンションですね。

 

寒いのが伝わりやすくて
というよりも、温まりにくいし寒いのをずっと維持しようとするので、
こういった冷えのぼせ状態になりやすいです。

 

昨日、
設計と施工のお話をしました。

 

設計上では断熱材を入れる計画になっていて、施工も入っているが。。。

というお話をしました。
断熱材を入れて、しっかりと気密を保っているのと、

断熱材を入れました

というのでは違います。

 

しっかりと入れなければ
隙間が出来てしまって、こんな日の寒さを床に伝えてしまいます。
部屋を寒くしてしまいます。
冷えのぼせになってしまいます。

冷えのぼせになるのは
床からの寒さが伝わってきているからということを
しっかり覚えてくださいね。

 

そして
しっかりと
床を断熱することが大事だって家を建てるときには覚えておいてくださいね。

 

のびのび子ども住宅 は自然素材を使ったおうちが遊び場・体験場を提案する住宅会社です

おうちは家族の象徴。

子どもたちが楽しくのびのび過ごす場所であって欲しい。

おうちが、遊び場・体験場になる住宅と家具、そしてお庭をデザイン施工します

◆◆◆

追伸

◆◆◆

ちょっと待って!!

住まいづくりを始める前に知っておかなければならないことがあるのです!!

住まいづくり勉強会開催中!!

毎週日曜日の午後から開催。

会費は、500円/おひとり (ケーキとお茶の費用です<m(__)m>)

住まいづくりの

①お金のお話

②スケジュールのお話

③デザインと設備についてのお話

住まいに関心があるひとにはどなたでも必ずお役に立つ情報です。

お申し込みは、こちらから

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23の17

電話&FAX:072 628 9201

携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 】九万田 忠孝&眞理子

http://www.qt-create.com/