健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも。その8=日本の家は圧倒的に木造住宅

健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも。その8=日本の家は圧倒的に木造住宅

1912443b944bd2f9cedbcc071bbd57df_s

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?

「こういうの いいね!」をわざわざ創る
本気で聴きます建築家 Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝です

6月になりました。
今年も今月で半分。

この前まで
あけましておめでとうございます。
寒いですね

の季節だと思っていましたが、
あっという間ですね。

折り返し地点までもう少し。
今月も楽しんで参ります☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

さて、
健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも。
シリーズで書き綴っています。
第8回になりました。

けっこう、書きたいことがあったんだなーって自分で思います。
前回はヨーロッパの石積みの家について書きました。

どうしてヨーロッパは石積みの家?
からの〜
日本の家は?について今日は考えていきたいと思います。

日本の家は圧倒的に木造住宅です。
どうしてかはもうお分かりですよね。

木が多い国だからです。
国土の7割が森林であり、森林資源が抱負です。
先進国では珍しいそうですが、ホント私たちもそれが普通に感じていますよね。

私の街も高槻市は44%が森林だそうです。
半分の土地に36万人がほとんど住んでいるのですから、人口過密になるはずです。

家の北側を見渡すと山々ですから、
再確認できますね。

それほど豊かな資源があるので、当然木造住宅が増えるわけです。

それだけではなく
日本の家が木造住宅が多いのは、神社仏閣を見ても分かるとおりです。
私たちが心寄せる建物が木造の建築物なのです。

ヨーロッパは石造でした。
実際に現存する多くの教会などが石造り。
ローマ時代のアーチ型天井などは今でも現存する作り方です。

日本はというと、
みなさんも行ったことがあるあの場所。
私も昨年行きました、あそこ。
伊勢神宮といえば〜

伊勢神宮を考えても分かるとおり、
木造の建物です。
私たちがココロ通じる場所は木造建築です。
そして、式年遷宮のとおり、20年に一度新しく建替えをします。

昔から建物を新しくすることが神道につながると考えられているようです。
生命を家そのものにも感じ、神が宿ると考えていたのでしょうね。
だから20年に一度という早い段階での建替え。

式年遷宮は他にも理由があるのでしょうが、
それはちょっと置いといて、
20年に一度の早さで建替えをしているのは事実です。

だから一般庶民もそれくらいの早さで新築?
というわけでは実はないようです。

日本の家の寿命が短いというお話からその歴史を振り返ってきましたが、
日本の建物の寿命が海外のそれと比べて短いというのは、
長い長い歴史のなかで比べてごくごく最近のことです。

昔の建物をご存知でしょうか?
所謂、古民家です。

私も古民家を再生している友人が何人かいますが、
話をすると、
古民家と言われる100年を超えるような建物を調査すると、
その古民家が新築をする時には、どこからかの古材を使っていることが分かります。

年号が柱梁に書き記されていることがあります。
明らかにそれ以前の年号。

日本の家は寿命が短い、
アメリカヨーロッパで44年、イギリスで75年、
それらに比べて日本は26年と圧倒的に寿命が短い。
これは何とかしなければならないと200年住宅論争。

本当にそう?
日本の家はスクラップアンドビルドされていると言われ続けていますが、
本当にそうなの?と思ってしまいます。

実はある時点まではそんなことはなかったんですよね。
スクラップアンドビルドがなされるようになったのはある時点からだと思います。

ある時点までは。。。

それは次回のお楽しみに。

さて、お知らせですヽ(=´▽`=)ノ
今週は現場見学会。
6月6日(土)と7日(日)。
完全予約制で行います。

完成現場でいろいろはお話ができればいいなーって思っています。
現場見学会のお申し込みはホームページからどうぞ!!

リフォーム・新築の現場見学のお問い合せはこちらからhttps://system.formlan.com/form/user/qtcreatekentiku/1/

◆◆◆Q.T.Create 建築デザイン は木造住宅の専門会社です◆◆◆

お施主様の悩みである
資金計画は大丈夫か?
打合せがちゃんと出来るのか?
スケジュールはちゃんと進められているのか?使われている材料は大丈夫か?

将来の漠然とした不安、先ずは、お施主様の望まれる住まいづくりを本気で聴くコト
それが私達Q.T.Create建築デザインの仕事です。

そして
資金計画、設計、職人との打合せ、本気で住まいづくりの打合せを最適化して、
結果、あなたの大切な建築費を10%カットいたします。

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23−17
TEL&FAX:072−628−9201

携帯: 090−6658−4378

E-MAIL:kentiku@qt-create.com

Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝
http://www.qt-create.com/

健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも その7=ヨーロッパは石積みの家?

健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも。その7=ヨーロッパは石積みの家?

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?

「こういうの いいね!」をわざわざ創る
本気で聴きます建築家 Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝です

3d0c492d3a9e57b34ed900454be5dcb9_s

今日も良い天気です。
土曜日の休日の朝。
最高ですね。

小さいころ、
休みの日の朝は、
父と母の布団に潜り込んでゴロゴロしていた頃を思い出します。

共働きだった九万田家では
休日がやっと家族が揃う日。
ダラダラと朝を過ごしながら、ゴロゴロするのがなんとも平和でした。

やっぱり
住まいは家族の象徴。
家族がダラダラ、ゴロゴロ、デレデレ出来る場所。

そして、それがいいなーっておもえるのが幸せです。

さて、
健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも。
第7回目を迎えます。

前回は建築基準法の歴史について書いてみました。
ヨーロッパの家と日本の家が比較されてきたことも書きました。

そもそも日本は日本の歴史があり、
その歴史に沿って家づくりもなされてきたわけで。。。

ヨーロッパは石造りの文化と言われますが、
実は木造住宅が半分。
半分が石造りの家なんです。

どうして石造りが多くなったのか?
これは歴史的、文化的、理由があります。

もともと、
湿気が少なく、気候の変化もあまりない、乾燥型の気候。
木が少ないことが理由でした。

また、良い石が切りだされることもあり、
石積みの建物が多くなったのです。

一方、ヨーロッパの北側は木が抱負にありました。
つまり、ヨーロッパの北側は木造文化が栄えました。

覚えています?
西岸海洋性気候。偏西風。などなど。
暖かい湿気を含んだ風が冬でも暖かさを保っているという気候です。

そして
夏は残暑が無く9月ごろにはもう涼しさを感じられる。

ヨーロッパの南側は石積み。
北側は木造。

多くの人が安くて簡単にできる木造住宅が多かったようです。
それは貧富の差。

乏しい人は木造住宅。
富裕層は石造の家。

しかし、それは石積みの家文化にどんどん変わっていきました。

もともと
気候によっと違いがありました。
それが、どんどん石積みが多くなっていったのは、
キリスト教文化が広まっていったことが最も理由として考えられます。

キリスト教における文化は日本の自然観とは全く違うものです。
それは、キリスト教が生まれた荒涼とした地域の考え方でしょう。

子孫を繁殖させよ、そして大地を満たせ。大地を征服せよ。海中の魚、空飛ぶ鳥、地上を這 うすべての生き物を所有し支配せよ。種を結ぶ一切の植物、実のなる一切の木を食物として 人間に与える

つまり、
自然を創りだしたのは超自然的存在の神であり、
人間が自然を支配することによって豊かさを手に入れることが出来る

乾燥した地域で生まれたキリスト教。
自然は脅威そのものだったのでしょう。
その考え・キリスト教が広まるとともに住まいの考え方は変わっていきます。

当然ですよね。
街の礼拝する場所がその街の象徴ですから、理想の建物が建ちます。
それを真似た富裕層がいます。
それをまた真似る庶民がいます。

増えるわけです。
ウチとソトを分ける建物が。

だから、その自然とは一線を画して住まう考え方が生まれていったのだと思われます。
〜あくまでも私見です〜

ウチとソトという考え方が根強くあり、
また、気候も年間通じて穏やか、暑さをあまり感じなく、寒暖の差がある。
そして、
ソトから攻め込まれる侵略の歴史が家を他から守るべきものという考え方になったのでしょう。

だから、石造りの家文化。

しかしこれが比較されたのです。
地震も少なく古い建物が残っているこの地域と日本の家が単純に比較されたのが、
この20年前後だと思います。

日本の家はヨーロッパの家に比べて寿命が短く性能が落ちると。
ちょっと疑問が残りました。
どうして劣るの?と。

そもそも歴史が違うし、気候が違うし、そこにある木が違う。
それなのに日本の建物が劣るとはどういうことって。

もう少し歴史についてお伝えしていきたいと思います。
日本の歴史も知っておかなければならないことがありますからね。

続きは次回のお楽しみに。

リフォーム・新築の現場見学のお問い合せはこちらからhttps://system.formlan.com/form/user/qtcreatekentiku/1/

◆◆◆Q.T.Create 建築デザイン は木造住宅の専門会社です◆◆◆

お施主様の悩みである
資金計画は大丈夫か?
打合せがちゃんと出来るのか?
スケジュールはちゃんと進められているのか?使われている材料は大丈夫か?

将来の漠然とした不安、先ずは、お施主様の望まれる住まいづくりを本気で聴くコト
それが私達Q.T.Create建築デザインの仕事です。

そして
資金計画、設計、職人との打合せ、本気で住まいづくりの打合せを最適化して、
結果、あなたの大切な建築費を10%カットいたします。

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23−17
TEL&FAX:072−628−9201

携帯: 090−6658−4378

E-MAIL:kentiku@qt-create.com

Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝
http://www.qt-create.com/

健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも その6=建築法の移り変わり

健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも
その6=建築法の移り変わり

完全予約制の戸建てリフォーム現場見学会を行います。

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?

「こういうの いいね!」をわざわざ創る
本気で聴きます建築家 Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝です

fadb8796b8263207c8292688e64f6d5a_s

おはようございます。
今日もさわやかな朝ですね。

今シリーズでお伝えしています。
読んで頂けていますか?

健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも

このテーマでお伝えしていますが、
そのことについて検討する打合せが昨日もありました。

私の大好きな人たち。
設計デザインの秋山橘さん
不動産会社の西村さん、
そして
私のメンターでもある古澤さん

コアな人たちと私が思っていることを話して、
その夢を実現してくためにどのようにしていけばいいのかアドバイスをいただきながら進めていきました。

進みだしたこのことを
ムーブメントとして世界を変えていくことにチャレンジしていきます。

さて、
健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも
今日は第6話です。

家のつくりは夏を考えるべき
という吉田兼好の徒然草のお話や私の師匠のお話をさせていただきました。

しかし
今の家は冬支度。

今の日本の家は
こういった建築の法律によって冬支度になっていきました。

日本は断熱性能や気密性能の高い家をウリにしています。
1992年・平成4年に新省エネ基準が採用され、
1999年・平成11年に次世代省エネ基準

ちょうどこの頃に断熱機密論争というものが起こります。
シックハウス症候群の問題が浮上していき、
その元凶が断熱性能と気密性能を高めたことによるものだという論争です。

そして
2003年・平成15年に建築基準法が改正されました。
その時に大きく変わったのが24時間換気の義務付けです。

いわゆる、シックハウス法です。
断熱性能を上げる、気密性能を上げる、
そして
その真逆の24時間換気をする

換気をするということは、
気密がない状態を作れということを言っているのと同じだったりしますから、
ある意味、矛盾を感じます。

冬暖かい家というのは大切です。
確かに、ヒートショックという問題も多くありますから。
しかし、
それは部屋の間の取り方や設備によって解決できることですが、
気密性のが高くなることによるシックハウスの問題は
作ることによって起こる問題です。

日本の家は
ヨーロッパのような外との世界を壁で仕切るという考えがありません。
ヨーロッパの家は石造りであり、レンガ造りであり、
壁の文化です。

壁によってウチとソトを分ける文化が昔から根付いていて、
また、建物自体もそのために寿命が長いことが証明されています。

一方日本の家は
ウチとソトの区別をしない文化。
八百万の神があり、私たちは自然の一部として生きているという考えがあります。

そして
四季があり暑い夏と寒い冬があり、春と秋がある。
私たちは四季を感じながら生きている日本人であり、
日本人の家づくりというものがあるのではないかと私は考えています。

しかしながら
日本の家は評価がされなかった。
寿命が短いというのです。

次回に続く。

リフォーム・新築の現場見学のお問い合せはこちらからhttps://system.formlan.com/form/user/qtcreatekentiku/1/

◆◆◆Q.T.Create 建築デザイン は木造住宅の専門会社です◆◆◆

お施主様の悩みである
資金計画は大丈夫か?
打合せがちゃんと出来るのか?
スケジュールはちゃんと進められているのか?使われている材料は大丈夫か?

将来の漠然とした不安、先ずは、お施主様の望まれる住まいづくりを本気で聴くコト
それが私達Q.T.Create建築デザインの仕事です。

そして
資金計画、設計、職人との打合せ、本気で住まいづくりの打合せを最適化して、
結果、あなたの大切な建築費を10%カットいたします。

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23−17
TEL&FAX:072−628−9201

携帯: 090−6658−4378

E-MAIL:kentiku@qt-create.com

Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝
http://www.qt-create.com/