こんな賃貸アパート作っても誰も見向きもしないかもしれないけれど、それでもヤル

こんな賃貸アパート作っても、誰も見向きもしないかもしれないけれど、
それでも私が出来ることをヤル。

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたの家族の健康を守る、住宅アレルギーと戦う住まいを一緒に考えませんか?

おはようございます!
「こういうの いいね!」をわざわざ創る

本気で聴きます建築家 Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝です

0820b645551580f3c6471b114c0af800_s

今日は6月15日。
次の真ん中ですね。

今月も折り返しです。
いやいや、今年ももうすぐ折り返しです。

がんばっていきましょう!!

昨日、晩にテレビを見ていました。
ミスターサンデー。

日曜日の最後のニュース番組だから見ている人もいますか?
私は見ていました。

昨日取り上げられていたのはいろいろありましたが、
少年Aの本の話、地震と空の話、
そして
子ども食堂。

ちょっとポロって泣いてしまいました。
時々テレビを見て泣いてしまいます。

6人に1人がまともな食事を摂っていないという事実。子どもの貧困です。
先進国ではトップクラスにひどいそうです。
以前からニュースなどでは知っていましたが、
その頃は、そうなんだな-という捉え方。

昨日は少し違ったんですね。
ボロボロ泣いてしまいました。
ミスターサンデーでは、
貧困と子どもについて、子ども食堂が取り上げられていました。

東京大田区の近藤博子さんが経営する有機野菜の八百屋さんから始まった運動。
子供だけで食事に来てもOKなお店。
1人300円で食事が出来るお店。
話は数年前に遡ることから番組は始まりました。
小学校の先生と話をしている時に
ある男の子の話になりました。

バナナの男の子です。

お父さんとお母さんの状況までは番組で取り上げられていませんでしたが、
この男の子が一日の食事をバナナ一本だけの時があると。

貧乏だとかそういうものではないらしい。
身なりも常に綺麗にしている。
しかし
親が子どもに食事を与えない。
作らない。用意しない。

作れない。
コンビニの温めるだけのお弁当だけを食べている子どもがいる。
おかしがご飯代わりになっている子どもがいる。

栄養が偏ってしまっている。
親の作った食事を知らないまま育つ子どもがいる。

経済的に貧困というわけではなく、
親が親らしいことができずに、貧困になる。
何かしなければ、
この男のこのために何かできることがあれば、
その思いのまま、数年が過ぎてしまった頃、
男の子は児童福祉施設に入所することになってしまったことを知ったそうです。
やりたい気持ちはありながら、
現実眼の前の自分のできないコトガラを数えて行動しないことによって
1人の子どもの気持ちを救うことが出来なかったのでしょう。
おにぎりをみんなでワイワイと言いながら食べる食卓。
食事の暖かさを知ることが出来れば、きっと豊かさを得ることが出来たのではないでしょうか。

近藤さんの行動はそれを境にイッキに動いたと番組では取り上げていました。
やれることはある。
自分ができる事がある。
それを信じてやりぬく。
すごく感動しました。

その動きは
今は全国に広がり各地で子ども食堂が広がっているそうです。

私は食についてわからないことが多いです。
人と人が暮らす住宅については分かることが沢山あります。

私は今、
住宅アレルギーから家族の健康を守る住まいを提案しています。
そして
どんな家族でもそれが叶うように。

注文住宅でいろんな素材を取り扱える資金余裕がある人だけでなく、
賃貸住宅に住む人だって住宅アレルギーを我慢しなくてい良いように。

それは
環境を用意するだけでなく、
その悩みを住む人が話をしてココロが和らぐような場所を作り出せるように。

そんなコミュニティーをつくっていきます。
食事の暖かさをかんじられるような場所になるでしょう。
そのコミュニティーで暖かい和が出来ればと願います。

自分が出来ることをやる。
もしかすると、子ども食堂に誰も来てくれないんじゃないかと不安に思われた近藤さん。
それでも自分が出来ることを信じてやる。

私もそうしようと思いました。
こんな賃貸アパート作っても誰も入ってくれないんじゃないかってなるかもしれないけれども、
それを提供していこうと思いました。

今日は
住宅アレルギーに家族の健康が守れるアパートが建てられるかどうかの
敷地調査に行ってきます!!

ココから思いが伝わるように、今日も頑張ります!!
誰もが自分の悩みを話せる住まいを提供出来るようになればと、
活動しようとココロに決めたのでした。

リフォーム・新築の現場見学のお問い合せはこちらからhttps://system.formlan.com/form/user/qtcreatekentiku/1/

◆◆◆Q.T.Create 建築デザイン は木造住宅の専門会社です◆◆◆

お施主様の悩みである
資金計画は大丈夫か?
打合せがちゃんと出来るのか?
スケジュールはちゃんと進められているのか?使われている材料は大丈夫か?

将来の漠然とした不安、先ずは、お施主様の望まれる住まいづくりを本気で聴くコト
それが私達Q.T.Create建築デザインの仕事です。

我慢しなくていいんです!!

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり、一緒に考えませんか?

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23−17
TEL&FAX:072−628−9201

携帯: 090−6658−4378

E-MAIL:kentiku@qt-create.com

Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝
http://www.qt-create.com/

健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも その12=ココロの繋がり

健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも その12=ココロの繋がり

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたの家族の健康を守る、健康に配慮した住まいづくり一緒に考えませんか?

おはようございます!
「こういうの いいね!」をわざわざ創る

本気で聴きます建築家 Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝です

 

梅雨の合間の晴れ
気持よく晴れています。

良い天気。
こういう良い天気の時はホント体もウキウキ。
楽ちんです。

昨日は
よく歩きました。

先日お伝えした
現場見学会のチラシを配りに現場の近くを歩いてポスティング。

現場の少し離れたところまでを配ってみましたら、
へーっておもうような建物や町並み。
知らなかったところもまだまだたくさんあるんだろうなって思いました。

そして
大きな家と長屋が混在するマチ。
昔からの地主といわれる人のマチなんだろうなって思いました。

大きなお屋敷は正に昨日お伝えしたような縁側があり、土間があり、
日本の日本らしい家です。

そして
長屋は家が連なっていて、その長屋それ自体が1つの繋がりであり
1つのコミュニティーになっている

そんな建物があるマチです。

長屋は1つのコミュニティーなんですよね。

それは今の賃貸アパートとは少し違っているように感じます。
今の賃貸アパートは1つの部屋が完全に独立。
横繋がりがほとんど無いのに対して、

長屋は
その長屋の建物に住む人達が家の前で何かをする場があり、
うちに開かれている。

建物自体は独立しているけれども
うちに開いている。
だからコミュニティーがあり、なんでも話せる仲間がそこにはいる。
それが繋がりじゃないでしょうか。

空間の繋がりが人の繋がりを生む。

大きな家は土間や縁側が人と人を繋ぐ場であり、
長屋はその建物の周りに集いの場が用意されている。

そういった繋がりを大切にする建物が日本にはあり、
壁で全てを切り分ける建物とは少し違った文化を持っているのではないでしょうか。

私は
そんな建物をつくっていきたいと思っています。
健康に配慮した住環境。

素材を厳選していくことも大事ですが、
その苦労を共に話して悩みや夢を分かり合える人がそこにはいる。

話をすることによって
体は健康になります。

シックハウスやアレルギーの悩みは
今でこそ多くの人が知ることができるようになっていますが、
それでも、そんなのおかしいんじゃないの?と非難の目で見られることもあるようです。

自分の体調がすぐれないのは特異なだけ。
そう思ってしまって、人との交流をなくせば、悩みはうちにうちにこもってしまいますが、
その悩みさえもみんなで話ができるような場と時間がある。

話をすることによって
ココロのもやもやが開放され、元気になってくる。

普段の生活でもそういったことを感じられたことはあるはず。
シックハウスやアレルギーだけじゃなくてもです。
子どもの成長や、親との関わり、恋愛話、仕事のこと。
悩みを話せる相手がそこにいて、
それでいて良い空気環境の住宅があれば、

お金がある人だけが良い場所に住むことが出来るのではなく、
どんな人でも快適な住環境を得ることが出来る。

そして
我慢すること無く健康でいられる。
ココロも体もです。

私が目指す健康住宅は
コミュニティーがそこにある自然素材住宅です。

自然素材を扱っている住宅は沢山ありますが、
人と人との繋がりをどのように空間で創りだすのかを考えなければならないと考えています。

自然素材を使って
空気環境を整えるだけでは、それは環境が整っただけ。

ココロの健康を目指すこと。
ココロと体はつながっていますから。

環境を整えて、更に空間を整えて、
人のココロも健康にすることが出来る住環境を目指します。

そして、
今週末の今回の現場見学会は
賃貸住宅ではありませんが、
ご主人と奥様の距離を更に良くする空間づくりでした。
そんな空間づくりを知ってもらいたいですね。

IMG_7411

お知らせ
6月13日、14日に
リフォーム完成現場見学会を行います。
詳しくはブログトップページを参照下さい

リフォーム・新築の現場見学のお問い合せはこちらからhttps://system.formlan.com/form/user/qtcreatekentiku/1/

詳しくはホームページのイベントページをご覧下さいね。
イベントページはコチラ

http://www.qt-create.com/news/news-post.php

◆◆◆Q.T.Create 建築デザイン は木造住宅の専門会社です◆◆◆

お施主様の悩みである
資金計画は大丈夫か?
打合せがちゃんと出来るのか?
スケジュールはちゃんと進められているのか?使われている材料は大丈夫か?

将来の漠然とした不安、先ずは、お施主様の望まれる住まいづくりを本気で聴くコト
それが私達Q.T.Create建築デザインの仕事です。

そして
資金計画、設計、職人との打合せ、本気で住まいづくりの打合せを最適化して、
結果、あなたの大切な建築費を10%カットいたします。

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23−17
TEL&FAX:072−628−9201

携帯: 090−6658−4378

E-MAIL:kentiku@qt-create.com

Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝
http://www.qt-create.com/