さんまさんの笑いに救われる被災者

#大阪北部地震
#被災
#さんまさんの笑いに救われる

おはようございます。
のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 九万田です。

地震から3日が経ちました。
町に出れば、通常通りに戻ってきていて
普通ですが、心の中では不安がいっぱいなんだと思います。

地震で被災された方は心強くお持ちいただければと思います。

そういう私どもも高槻在住です。
私の家も家族も地震の影響はありませんでした。

がしかし
私の両親の家が被災しました。

 

 

ちょうど月曜日の朝
私が7時過ぎに実家に到着して、ちょっとゆっくりとしていたところです。

ズズズズズという音が聞こえました。
すっごく大きなトラックが近くの幹線道路を通ると時々するので、
『今朝も大きなトラックが通っているんだな』と思った瞬間です。

 

どーんとしたから突き上げられ
上から本や飾っている人形などがばらばらと落ちてきた。

 

父はすでに出かけていていなく
母と二人だったので、とりあえずダイニングテーブルの下に避難。
落ち着いたときにひとまず外に逃げ出しました。

 

外では植木鉢が倒れて散乱。
散乱している中には何枚もの瓦が見られ、屋根に被害が出たのがすぐに分かりました。

IMG_1081

実家の被災した日の状況の写真です。
屋根やさんに来てもらってブルーシートを掛けてもらいましたので雨はしのげました。

家の中は転倒防止の金具を取り付けたりしてましたので
家具が倒れてきて覆いかぶさるといった事故はなかったのですが、
中の食器が飛び出したりし
ちょっと大切にしていたグラスやカップが割れてしまいました。

モノは壊れましたが
身体は無事であったことが幸い・・・

皆そういうのですが。。。

しかし、実は
被災したら
『恐怖』『不安』といった心にかかるストレスというのは相当に大きいです。

余震は当然に恐怖を感じるのですが、
ちょっとした『音』に過敏に反応してしまう私自分がいます。

ここ数日過敏なことを妻の眞理子さんに話をしました。
話すことによって自分がいったん落ち着きを取り戻すこともよくわかりました。

地震はいつくるか分かりません。
テレビや報道では事故の大きさを語り、
更に大きな揺れが来るかもしれないと伝えます。

それを聞くたびに不安や恐怖は大きくなるばかりです。

私がそのように感じるのですから
小さな子どもたちや、お年寄りはもっと感じているかもしれません。

誰かできるのであれば
『地震はもう来ないよ』と言ってもらいたい。

被災者はそんなことが出来るわけがないとわかっていながらも
誰かにそう言ってもらいたいと思っています。

ほっとできる時間や
不安を話ができる場づくりというものが被災者には必要です。

会話や笑いが不安を解消させてくれます。

そういう私も
何も考えずに笑っていられるようにとテレビをつけて
報道を必要最低限だけ見て、バラエティー番組を見るように心がけました。

火曜日にさんまさんの番組があったので
それを見て過ごしていると笑っていられる。

明石家さんまさんの笑いには助けられるなって
これまたつくづく感じるわけです。

私は設計の仕事をしています。
だから耐震の重要性はよくわかっているつもりです。

だから
設計の段階から完全を追求します。

これまで設計させていただいた家は
高槻市の家もそのほかの地域の家も何の問題もなかったとお話をいただきました。

のこり1%を突き詰めなかったがゆえに
人の命にかかわることがあるんだ。

あとちょっとで地震に耐えることが出来たのに。
そんなことが起こってはなんの価値もありません。

しかし
実家は被災してしまった。

身近なところが後回しになってしまいました。

なんとも無力さを感じます。

だから
今から何をしなければならないかもよくわかります。

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市・枚方市で
パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォームをご提案

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォームを提案します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?
先ずは無料の資金計画セミナーでお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。完全予約制で行っています。

お申し込みは、こちらから

お約束!!
資金計画セミナーに参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。
のびのび子ども住宅のお約束です!!

〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談

新築、2世帯住宅、制震断熱リフォーム、リノベーション、水回り改修
なんでもご相談ください

即日対応目指しています!!

【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝
http://www.qt-create.

広告

高槻市の補助金制度2018年②

#高槻市の補助金
#耐震診断
#耐震設計

おはようございます。
のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 九万田です。

大雨が止んで、すっきりとした五月晴れになりました。
きれいな青い空が広がっていますね。
すっごくさわやか。

今日は
平日ですがお客様とのお打ち合わせ。
そのあと
土地のご案内予定です。

雨だとご案内も大変なのですが、
晴れてよかったー

さて
今日も高槻市の補助金制度。

広報誌が毎月、月初に配布されます。
高槻市にお住いの方はご存知だと思いますが、
それ以外からの転入される方はなかなか目にする機会も少ないかもしれません。

ですので
近隣とこういうふうに違うんだー
なんてことをこのブログで知っていただけたらと思います。

そこに今年も掲載されていた住宅に関する補助金制度がありましたのでお伝えします。

今日は
2回目。

耐震診断、耐震設計。
それと
省エネ、創エネの補助金制度です。

20180501takatsukidays3

耐震設計から見ていくと、
対象は昭和56年5月31日以前に建築された建物とあります。

つまり
建築基準法が変わった月日を境に対象が決まっているということですね。

旧耐震の建築物は倒壊の恐れがありますから
この建物を補助金を出して補強するという内容です。

高槻市も
昭和の40年代、50年代に建築された住宅が多く存在します。

山の手のあたりもそうですし
駅近の物件もそうです。

東京オリンピックや大阪万博があった
1960年、1970年といった頃は
すっごく発展しましたよね。

新幹線が通り、
名神高速道路が通り。

人が住む場所が
今の大阪市中心部から高槻や茨木といった北摂地域に大きくシフトした時期ですね。

山々だったところが
切り開かれて、吹田インターチェンジや茨木駅が出来ていったなんてはなしを時々聞きます。

そして
山の手の住宅地が開発されていったなんてことを聞きます。

それと同時に起こった地震対策で
昭和56年に耐震基準が改められたというわけ。

しかし
今でも多くの家が残っています。

南海トラフ地震が来れば倒壊する恐れもありますから耐震診断を受けていただきたいと思います。

のびのび子ども住宅でも耐震診断を耐震補強工事を行っています。
制震ダンパーを使った補強工事ですが、
30坪ぐらいの住宅で79.8万円で設計施工をしています。

ちらしはこちら。
チラシ20170825(裏)

高槻市ですと
耐震診断で上限4.5万円。
耐震設計で上限10万円。
耐震補強工事で定額55万円。

総額69.5万円。

79.8万円から69.5蔓延を差し引くと10.3万円で実質工事が出来ます。

命を守るための住まいの耐震化
と広報誌にもありますが、ほんとうにそうです。

いち早く耐震補強工事を行いましょう。

次回は
省エネ、創エネについてお伝えします。

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市・枚方市で
パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォームをご提案

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォームを提案します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?
先ずは無料の資金計画セミナーでお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。完全予約制で行っています。

お申し込みは、こちらから

お約束!!
資金計画セミナーに参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。
のびのび子ども住宅のお約束です!!

〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談

新築、2世帯住宅、制震断熱リフォーム、リノベーション、水回り改修
なんでもご相談ください!
【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝
http://www.qt-create.

 

高槻市の補助金制度2018年①

#高槻市の補助金
#3世代ファミリー定住支援補助金制度

おはようございます。
のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 九万田です。

 

ゴールデンウィークも終わって
また新しい週が始まりましたね。

昨日は休み明けの月曜日で
しかも、大雨。

通勤や通学が憂鬱だなーと思われた方も多いんだろうなーって思いました。

私も休み明け
増築工事の木工事の棚などが終え、次工程の準備をしていました。

増築リフォーム工事の様子はまたどこかでお伝えしようと思います。

さて今日は

20180501takatsukidays
という高槻市の広報誌が配られていましたのでお伝えします。

立派な冊子なんですよね。
付頭にくばられます。

そこに今年も掲載されていた住宅に関する補助金制度がありましたのでお伝えします。
他の市に住んでおられる方はご存じないかもしれませんものね。

まず今日は
3世代ファミリー定住支援補助金制度のご案内。

20180501takatsukidays2

 

補助金の金額は少ないけれどもありがたい制度です。

これは何も同居でなくても
親が高槻市に住んでいて、子どもが高槻市に新たに住めばいいという制度。

定住ですから
賃貸住宅ではダメなんですけど、
最大20万円まで出ますので引っ越し費用ぐらいはなんとかまかなえるかもしれませんね。

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市・枚方市で
パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォームをご提案

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォームを提案します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?
先ずは無料の資金計画セミナーでお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。完全予約制で行っています。

お申し込みは、こちらから

お約束!!
資金計画セミナーに参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。
のびのび子ども住宅のお約束です!!

〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談

新築、2世帯住宅、制震断熱リフォーム、リノベーション、水回り改修
なんでもご相談ください!
【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝
http://www.qt-create.