動き出す住宅プロジェクト

#大阪材
#製材所

大阪材の製材工場へ

おはようございます。
のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 九万田です。

台風が近づいてきています。
過去に前例のない動きをしている台風ということで
どうなるのかと心配ですね。

特に
西日本で被災をされた場所をまた通過しそうとのこと。
更なる被害がでないことを祈るばかりです。

今週の火曜日に山に行ってきました。
雨や土砂災害にも関わる山の仕事について知ることが出来ます。

 

今年の春には
和歌山県の紀州材について材料を確認しに白浜に行ってきました。

そして
火曜日には
大阪の河内長野の山に行ってきました。

 

その数日前にも近くまでやってきました。
長男の大学進学に向けて大阪芸術大学です。

大阪芸術大学から少し山に入ると
そこには広大な山が広がります。

杉の山です。

大阪材は
古くからこの地、そして泉州方面へと広がっています。

和歌山そして奈良との県境の地域です。
ここが大阪材なんですね。

IMG_9504

大阪森林組合です。
河内長野にあり、
実は高槻市にもあります。

山の歴史としては
300年ぐらいになるとのこと。

植林をして木を育てて建築材料として出荷されてきたそうです。
歴史がありますね。

逆に高槻市の山々は
まだ若くて戦後からだそうで、50年を過ぎたぐらいだそうです。

このウッドベースという工場ができたのは
10年ほど前らしく地域の材料をいかに活かしていくかが活動の中心で
ここが大阪材の拠点になっているようです。

IMG_20180724_100833

吉野との違い

 

関西では、
いや全国的にですね、

奈良県の吉野山があります。

全国から良い材料があつまる材木の町ですが、
先述のとおり
河内長野も実はそれほど吉野から遠くなく、逆に近いそうです。

しかしながら
山に関する意識の違いや商慣習の違いによって
木材の扱いがやはり違いが出ているようです。

土地を持っている所有者が山には当然います。
そして、
土地を持っている所有者が出荷をする、手入れをする
当たり前のように感じますが、実はすべてがすべてそうではありません。

このような方法をとっているのは大阪。
逆に、吉野にいくと、山守りをする方が別におられます。
そのかたが
山の手入れをし植林をし伐採をしていく。

良い木をつくるために村全体で管理をしているといったイメージでしょうか。

どう違うのというと、
現代になると如実に表れているそうです。

IMG_20180724_110135

つまり
自分が持っている山も土地を見たこともない所有者が増えてきているということです。

先祖代々その土地に暮らしてきたとしても
現在は会社勤めをしている山の所有者が多く、自分の土地を知らないなんていうのは普通だそうです。

すると
山はどうなるでしょう。

もう十分に育った木であっても伐り出されず、
切り出されないがために、山に光が届かず下草や低木が育たない山になります。

そうなれば
大きな木もそれ以上根を広げられず治水力が落ちます。

治水力が落ちた山は、もうおわかりですね。

災害が発生する可能性もあるということです。

そんな中でも切磋琢磨し
大阪材であっても
山も守っている方がおられます。

今回ご一緒に山に入っていただき山の管理の方法をお聞きしました。
大阪の材料は吉野の山に近いことから吉野の山と同じような品質であることがわかりました。

木は2メートル間隔程度に植林し
木の成長をゆっくりゆっくりさせます。

小さいころにゆっくりと成長する木は
年輪が細かく強度のある木と成長します。

このあたりの考え方は吉野も同じです。

九州などは
成長を早めるために木の間隔を5メートルとか広げるそうです。
成長スピードが速いから大きく太い木が早くとれるわけですね。

ゆっくりと育った木は
早い段階で伐採されるとのこと。

実は建材として育てるというよりも足場などの仮設材として使われることのようが多かったそうです。

ですので
細い木を伐採していくやり方が多かった。

しかし、すでに足場は鉄パイプで出来ている現場が多くもはやその需要は無くなっています。

大阪材の存在意義を求めてこれからどうするか

まだまだこれからという感じを受けたのが正直なところです。

大阪材という材料すら認知が低いがために
出荷数が足りない、足りないがために大きな投資ができない。
投資ができないから加工が進まない、
加工が進まないから材料が販売できない

負のスパイラルです。

木材が見直される今、プロジェクトを動かす

何年前か忘れてしまいましたが
CLT工法で建てられた建築が奈良県に出来ました。
4年前ぐらいだったでしょうか?

CLT?

板を互い違いに接着した板を使った工法と思ってください。

ヨーロッパでは普及していますが
日本ではそれほどでもありません。

しかし
木を使った家が人に良い環境を与えることはすでに分かっていることで
熊本の仮設住宅が木造で建てられたことや
小学校などの公共施設も木造で建てられるようになっています。

構造上難しかったり
火災避難の関係で難しかったりしたのですが
このCLT工法によってそれが可能になってきています。

大阪材は
これらの流れに向けて杉の植林を進めているそうです。

山のつくるというのは
70年、100年という長いスパンで考えなければなりません。

しかし
崩れるのは一瞬です。

こういう日本の景色を守ることが
建築に携わる者も遠くで関わることになるのだと
西日本の災害を見て、大阪の山を見て思うところです。

今回ご一緒いただいた工務店様があります。
公共事業や大型物件を手掛けられている会社さまですが
今後住宅においても貢献をしていきたいという志をもっておられる会社さまです。

この秋からこの会社さまと
少しずつプロジェクトを動かしていこうと思います。

この秋から始まり
春、そして来年の秋、
更に次の動きが、
中長期計画としてご提案させていただいています。

もう少し経たなければ詳細はお伝えできませんが
ある地域において開発をかけて高品質な住宅を提供していくプロジェクトです。

高品質な住宅とは何か?

お伝えできる時が間もなくやってきます。

 

 

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市・枚方市で

パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォーム・不動産をご提案

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォーム・中古住宅販売などを提案します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆

家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?

先ずは無料の資金計画セミナーでお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?

初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。完全予約制で行っています。

お申し込みは、こちらから

お約束!!

資金計画セミナーに参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。

また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。

のびのび子ども住宅のお約束です!!

〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談

新築、2世帯住宅、制震断熱リフォーム、リノベーション、水回り改修、中古住宅
なんでもご相談ください即日対応目指しています!!

【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.

広告

枚方で新築(最終回) 完成

#枚方市で新築工事
#完成引き渡し

おはようございます。
のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 九万田です。

 

外構工事の終え、
最後の植栽。

まだまだ小ぶりのこの木が
これから大きくなっていくのが楽しみな家です。

枚方の新築工事、完成です。

IMG_8555

 

続きはブログで。
こちらからお読みくださいね

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市・枚方市で
パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォームをご提案
おうちは家族の象徴子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォームを提案します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?
先ずは無料の資金計画セミナーでお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。完全予約制で行っています。

お申し込みは、こちらから

お約束!!
資金計画セミナーに参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。
のびのび子ども住宅のお約束です!!

〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから 失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談新築、2世帯住宅、制震断熱リフォーム、リノベーション、水回り改修
なんでもご相談ください!
【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝
http://www.qt-create.com/

 

枚方で新築㉓ 玄関土間

#枚方市で新築工事
#玄関モルタル仕上げ
#玄関ベンチ収納

のびのび子ども住宅 九万田です。

 

久々の顔出し写真での登場です。

ベンチ収納も完成し、座れるようになったので写真を撮ってもらいました。
ちょっとオスマシ~

枚方の玄関土間モルタル仕上げが完了です。

IMG_8456

続きはブログで。
こちらからお読みくださいね

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市・枚方市で
パッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅と耐震・断熱リフォームをご提案

おうちは家族の象徴

子どももお年寄りも、段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅と耐震・断熱リフォームを提案します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆
家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?
先ずは無料の資金計画セミナーでお話を聴いてみませんか?

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、知って得する勉強会です。

内容は
〇不安がいっぱい!住まいづくりに必要なお金のお話
〇無駄なく賢く進めるための住まいづくりスケジュールのお話
〇冬暖かく夏涼しく、そして本当に地震に強い家の為のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。完全予約制で行っています。

お申し込みは、こちらから

お約束!!
資金計画セミナーに参加いただいたからといって のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。
また 無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。
のびのび子ども住宅のお約束です!!

〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)


無料ご相談はこちらから
失敗しないための土地探し
失敗しないための資金計画
失敗しないためのプランニング相談新築、2世帯住宅、制震断熱リフォーム、リノベーション、水回り改修
なんでもご相談ください!

【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】
九万田 眞理子&忠孝
http://www.qt-create.com/