ゼロエネルギー住宅の普及って

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市・豊中市でパッシブデザインで暖かく地震に強い自然素材の新築住宅とリフォームをご提案

様々なバリアーフリーを目指して

【のびのび子ども住宅・Q.T.Create建築デザイン】

ゼロエネルギー住宅の普及ってまだまだそんなもん

おはようございます

今日も 子どももお年寄りも誰もがのびのび暮らせる住まいづくりを目指します。
のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザインの九万田眞理子&忠孝です。

EPSON MFP image

気が付けば
5月ももうすぐ下旬になろうかという日。

毎日、日差しが強くなってきていますね。
今日のブログは、太陽の日差しに関わる時事ネタ。

太陽光発電とゼロエネルギー住宅の普及について

ブログはホームページからお読みくださいね

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン は
安心安全で暮らせる住まいを提案する注文住宅とリフォームの会社です。
おうちは家族の象徴
子どももお年寄りも、
段差、温度、シックハウスといった様々なバリアーをなくし
誰もがのびのびと安心安全で暮らせる注文住宅とリフォームを提案します。
◆◆◆ 追伸 ◆◆◆家づくりってどうやって始めたらいいんだろう?

先ずは無料勉強会にお越しください。

・家の作り方っていろいろあるけど違いがわからない
・土地探しから始めないといけないけど家のことも考えたい
・そもそも何から始めたらいいのかわからない

無料の勉強会で 基本の『キ』を知ってみることから始めてみませんか?
初めて家を建てる方も、 終の棲家を建てる人も、
知って得する勉強会です。

内容は

〇家をつくる時に必要なお金のお話
〇そもそも家づくりって何から始めたらいいの?住まいづくりスケジュールのお話
〇設計するから伝えたい冬暖かく夏涼しい本当に地震に強い家のデザインのお話

住まいづくりをこれから始める人にも、
もう少し詳しく知りたいと思う人にも どなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。
完全予約制で行っています。
お申し込みは、こちらから

お約束!!

勉強会に参加いただいたからといって
のびのび子ども住宅で住まいづくりをしなければいけないなんてことを考えなくても大丈夫です。

また
無理な営業やしつこい営業は一切いたしません。

のびのび子ども住宅のお約束です!!

また
電話やファックスでも受け付けていますのでご確認ください。

〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザイン 】 九万田 眞理子&忠孝

http://www.qt-create.com/

広告

太陽光パネル設置工事が佳境に

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市でパッシブデザインで暖かく地震に強い注文住宅を提案する
おうちが遊び場・体験場、【のびのび子ども住宅・Q.T.Create建築デザイン】

太陽光設置工事が佳境に

おはようございます。
今日も 子どもがのびのび暮らせる住まいづくりを目指します。

のびのび子ども住宅 Q.T.Create建築デザインの九万田忠孝です。

 

毎日、雨が降る秋です。
昨日も雨が降りました。
今日は大丈夫かな?

 

運動会シーズンですので
秋晴れの空を期待したいところですが、なかなかそうはいかない毎日。
我が家も3兄弟、一生懸命運動会の練習をしているので是非良い一日になってもらいたいものです。

 

しかしながら
またまた、台風もやってきます。
現場の雨風対策が気になるところです。
こちらもしっかりとやっていかなければなりませんね。

 

 

さて
和歌山の現場も佳境を迎えています。
こんな感じに仕上がってきているのをご紹介しようと写真に収めてきましたのでお届けします。

 

dscf2584
太陽光パネル設置工事です。

ちょうど栗が良い位置にありましたので、栗と一緒に写真でパチリ。
屋根の上に設置する家庭用の太陽光パネル設置も当然行いますが
ちょっと大規模なパネル設置工事も行います。

 

今日は太陽光のお話。

ブログはこちらからお読みください。
追伸

住まいづくりの裏側大公開!!現場見学受付中

高槻市の現場をお施主様のご厚意でご覧いただくことが可能となっています。
住まいづくりの裏側をお知りになりたいあなた様は
今すぐお問合せからお申し込みください。

問い合わせページ

完全予約制となっておりますので 予めご了承くださいますようよろしくお願いいたします。

※のびのび子ども住宅のお約束 お申込みいただいたからといって無理な営業は一切いたしません。
のびのび子ども住宅の企業方針です。

のびのび子ども住宅 は自然素材を使ったおうちが遊び場・体験場を提案する住宅会社ですおうちは家族の象徴。

子どもたちが楽しくのびのび過ごす場所であって欲しい。
おうちが、遊び場・体験場になる住宅と家具、そしてお庭をデザイン施工します
◆◆◆ 追伸 ◆◆◆

ちょっと待って!!

住まいづくりを始める前に知っておかなければならないことがあるのです!!

住まいづくり勉強会開催中!!

毎週日曜日の午後から2時間開催。

住まいづくりの

①お金のお話
②スケジュールのお話
③パッシブデザインと設備についてのお話
住まいに関心があるひとにはどなたでも必ずお役に立つ情報をお届けします。

お申し込みは、こちらから

〒569-1046
大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)
無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 】
九万田 忠孝&眞理子

http://www.qt-create.com/

緊急時のコンセント

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市でリフォーム・リノベーション・注文住宅とエクステリア工事を提案する おうちが遊び場・体験場、【のびのび子ども住宅】

緊急時のコンセントの位置、考えていますか?

おはようございます。
吉野杉や珪藻土壁・シラス壁でリフォーム・リノベーション・注文住宅とエクステリア工事の
【のびのび子ども住宅】 九万田忠孝です。

 

寒いです!
大阪にも雪が降りました!!

 

というか、
家の前は真っ白です!!

 

おそらく
今日は大阪もパニックです。

 

うちのまわりは
坂ばかりですので、通勤通学はちょっと危険。

 

本当に気を付けなければ。。。

IMG_3837

写真を撮ってみました。

まだ誰も歩いていません。。。

 

子どもたちは
もう喜ぶような年でもなく、どうやって行こう?と準備を早々にしていました。

 

こんなに積もってるんですが、
実は、丘からちょっと降りると全然だったりするのが、本当に不思議です。

 

あー山の上に住んでるって感じです。
パニックになるのは、我が家の周りだけかも。。。

 

昨日は
「この雪が降るときに電気が使えなくなったらどうやって暖をとりますか?」
というテーマで
ブログを書きました。

 

多くの方が読んでいただき
反響をいただけました。

 

阪神淡路大震災の時の寒さについて
思い出された方もおられるでしょうし、

 

まさに、今、この寒さでそうなったらと考えていただいた方も多くおられたことだと思います。

 

省エネから創エネに向けて様々なことを考えなければならないと思います。

 

太陽光パネルをつくることや
エネファームで電気を発電すること

 

太陽光やエネファームを使われていない方は
「でも、停電したら使えなくなるんじゃないの?」
と思われるかもしれませんが、

 

エネファームは
電気の供給がとまると自動で自立発電になり、
エネファームから供給される電気を使えるようになりますし

 

また、
太陽光も緊急用のコンセントがついているので、
使えるようになります。

 

ここでポイントは
こういったコンセントをどの位置に設置するかということになりそうです。

 

住宅設計をするときに
コンセント位置は普段の生活を基準に考えるのが当然のセオリー。

 

だから
緊急時のコンセントの位置はわざわざ考えないものです。

 

しかし
エネファームから緊急時供給される電気はどこで使えるのかを考えておかなければ、
使いにくくなってしまっては意味がありません。

 

太陽光の場合は
パワーコンディショナーが屋外にある場合は
室内に非常コンセントがありますし、
もし、室内に取り付けた場合は屋内パワーコンディショナーに差し込みがあるはずです。

 

パワコンが屋内の時は
分電盤の近くに設置することが多いので、
洗面脱衣室が多くなりそうですよね。

 

洗面脱衣室にどうして分電盤なのかは、理由がありますが、また今度にします。

 

話はもどって
緊急コンセントは洗面脱衣室?
となると実際は使いにくくありませんか?

 

みんなが集まる
リビングやダイニングから洗面脱衣室が近ければいいのですが、
遠ければ使いにくそうですよね。

3階建ての家とかでは、けっこう
水回りが遠いなんてことは普通にありますから。

 

携帯電話の充電にも
お湯をわかしたりするにも洗面脱衣室からでは遠いように気がします。
新築やリフォームをするときに
設備として
太陽光やエネファーム、蓄電池のシステム、電気自動車のコンセントなど
緊急時のコンセントについて考えてみてはいかがでしょうか?

私としては
やっぱりダイニングの近くがなんだかんだ必ず集まる場所なので便利かと思います。

そして
緊急時コンセントは
オプション扱いだったり、
住宅会社の方も気が付かなかったりすることなので見落としがちです。

こういったこともまで
わざわざ提案してくれる方と住まいづくりができるようにしてくださいね。

 

こういう内容も
勉強会の第3話でお話します。

ぜひ、住まいづくりに興味がある方はお申し込みくださいね。

のびのび子ども住宅 は自然素材を使ったおうちが遊び場・体験場を提案する住宅会社です

おうちは家族の象徴。
子どもたちが楽しくのびのび過ごす場所であって欲しい。
おうちが、遊び場・体験場になる住宅と家具、そしてお庭をデザイン施工します

◆◆◆
追伸
◆◆◆

ちょっと待って!!
住まいづくりを始める前に知っておかなければならないことがあるのです!!

住まいづくり勉強会開催中!!

毎週日曜日の午後2時から開催。
会費は、500円/おひとり (ケーキとお茶の費用です<m(__)m>)
お子様は無料

内容は、住まいづくりの
①お金のお話
②スケジュールのお話
③デザインと設備についてのお話

住まいに関心があるひとにはどなたでも必ずお役に立つ情報です。
お申し込みは、こちらから

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 】九万田 忠孝&眞理子
http://www.qt-create.com/