パッシブデザインを取り入れなければ、どうなる?

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市でパッシブデザインの新築注文住宅を提案する おうちが遊び場・体験場、【のびのび子ども住宅】

自然エネルギーを取り入れない、とどうなる??

おはようございます
今日も 子どもがのびのび暮らせる住まいづくりを目指します。

本気で聴きます!建築家 のびのび子ども住宅 九万田忠孝です。

大阪高槻も台風13号の影響が今日にもあるかと思いきや、
今朝は、太陽がまぶしいくらいです。

3時ごろには大雨になるとの予報でしたが
どうも夜にずれているようですね。

お帰りが遅い方は注意が必要そうです。

私も今晩は出かけて会合に出席予定ですので
雨の準備をしっかりとして出かけたいと思います。

昨日は少しだけですがパッシブデザインについてお伝えしました。

自然のエネルギーを活用して、それを家の力に変えるにはどのようなことに注意しなければならないかなんてことに気付いていただけたのではないでしょうか?

夏の日射を遮ることによって室内の温度上昇を抑え、
逆に、
冬は太陽の暖かさを取り入れる日射取得で部屋を暖める。

同時に
太陽で暖められた空気の流れを読んで部屋の温度を管理する通風。

それだけでなく
昼間の明るさを取り入れて照度の確保で電気を使わない生活をする

そういった
自然の力、特に、太陽の力を家の設計に取り組むことが重要であることをお伝えしました。

パッシブデザイン設計をすることは
先ほどにも述べた通り、結果として
省エネの住宅になるということです。

のびのび子ども住宅では
このパッシブデザインを取り入れていますので
省エネ住宅のご提案になります。

実際に、太陽光発電やエネファームといった設備を取り入れていただくと
ZEH(ゼッチ)ですね、
ゼロエネルギーハウスになります。

ということは、
冬暖かい家になり、冷暖房費を抑えられる省エネ住宅を提案しているということです。

誰だって
無駄な光熱費がかかる家に住みたいとは思っていませんよね。

お金のかからない家に住むのがいいと思います。

だから
パッシブデザインが重要なんです。

ちなみにですが、
パッシブデザインと反対の意味を表すのは
アクティブデザインといいます。

積極的なという意味のアクティブ。
冷暖房機器や照明などの人工物を効率的に組み合わせることにより快適な居住空間を確保することを目指した設計手法です。

パッシブはそういう意味から
受動的、受け身という意味になりますね。

以前エネルギーを受けて、
快適空間に作り上げること、
省エネ住宅を作り出すこと、
これがパッシブデザインの大切なところですね。

家づくりにおいて
このパッシブデザインを考慮しないで設計された家はどうなるか?

実は
私の事務所から少し車で走ったところに
建売住宅が1件建築中です。

大通りに面しているので
外観もこだわった作りにされているのがわかります。

ちょうど足場から外観がわかるようになってきましたので、
なるほど、こういう家になるんだーとみているのです。。。

残念です。

片流れのシュッとしたデザインになっているのですが、
西側に大きな窓が2つあります。

東側や南側は家が建っていて密集しているので西側から明るさを取り入れようと設計したのでしょうが、
これって夏、大変なことになります。

なにが大変になるかというと、
西日が午後から当たり続ける夏の時間は
家のなかはもしかすると40度を超え、家の中にいられないなんてことが予想されるのです。

これでは
省エネなお金のかからない家にはなりません。

せっかく家を建てたのに、
家を買ったのに、
家にいることが暑くて暑く手仕方がなく、ショッピングモールに毎日出かけようかということになりかねません。

家を建てたならば、
家を買ったならば、
そこが一番快適な場所になるようにしなければなりませんよね。

だからお金のかからないデザイン。
パッシブデザインが重要なんです。

パッシブデザインをどういうふうに活用しているのか、
次回はそんなテーマでお伝えしたいと思います。

 

 

のびのび子ども住宅 は自然素材を使ったおうちが遊び場・体験場を提案する住宅会社です

おうちは家族の象徴。

子どもたちが楽しくのびのび過ごす場所であって欲しい。

おうちが、遊び場・体験場になる住宅と家具、そしてお庭をデザイン施工します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆

ちょっと待って!!

住まいづくりを始める前に知っておかなければならないことがあるのです!!

住まいづくり勉強会開催中!!

毎週日曜日の午後から開催。

住まいづくりの

①お金のお話
②スケジュールのお話
③パッシブデザインと設備についてのお話

住まいに関心があるひとにはどなたでも必ずお役に立つ情報です。

お申し込みは、こちらから

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 】九万田 忠孝&眞理子

http://www.qt-create.com/

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中