地鎮祭

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で新築注文住宅を提案する おうちが遊び場・体験場、【のびのび子ども住宅】

地鎮祭

こんばんは。
今日も 子どもがのびのび暮らせる住まいづくりを目指します。

本気で聴きます!建築家 のびのび子ども住宅 九万田忠孝です。

台風10号が過ぎ去って、
少し暑さが戻りました。

西日本は大きな被害はなかったですが、
東北、北海道は雨風の影響が大きく、農作物の被害も莫大になっているとニュースで拝見しました。

天災は避けることができないのでしょうが、
予防すること。
出来る限りのことを私たちはしなければなりませんね。

今日は
天候も穏やかにを願っての地鎮祭が催行されました。

2016-08-31 10.10.15

土地の神様への報告会にあたる地鎮祭。
これからの工事が難なく無事に行われるように神様に報告をする儀式です。

修祓、
神降の儀、
献饌、
祝詞奏上
切麻散米
地鎮の儀
玉ぐし奉天
撤饌
昇神の儀

と時間にして30分程度です。

神主さんにお聞きすると、最近は地鎮祭を執り行われない方も増えてきているということですが、
やはり、自分の家ですし、そうそうする機会もありませんから
やっときましょう!!
と私はお勧めします。

儀式としては
やはり堅苦しい言葉が並びますが、お施主様としては難しいこともありませんし、ぜひやってもらいたいですね。

今日の地鎮祭は段取りもよく素晴らしいものでした。

私が工務店に勤めていた時は
師匠に地鎮祭を行うにあたっても厳しく指導されました。

足元が悪い中神主さんが歩くのでそのまわりは整地すること!
お施主様が長時間疲れないように椅子などを用意すること!
テントを張るときは突風が吹いても大丈夫なようにおもりを用意すること!

準備だけでなく、

催事の間のことも
二礼二拍手一礼の手順や、
玉ぐしの持ち方、
司会進行のタイミングなどなど

「ちゃんとせい!!」

とよく言われたものです。

町の小さな工務店であっても、大手ゼネコンに負けないような姿勢をとるべき!
師匠はよくそのように言っていましたし、
それが当たり前でなくてはならないと私も思います。

今日はしっかりとした地鎮祭を執り行うことができたと思います。
神様さまへの報告がしっかりでき、
さあ、これから新築工事の始まりです!!

追伸
この工事現場はお施主様のご厚意で現場見学をしていただくことが可能です。
耐震等級3、パッシブデザインのお住まいをあなたの目で確認し納得いただけるチャンスです。
ただし、完全ご予約制での見学会となりますので予めご連絡をお願いいたします。

のびのび子ども住宅 は自然素材を使ったおうちが遊び場・体験場を提案する住宅会社です

おうちは家族の象徴。

子どもたちが楽しくのびのび過ごす場所であって欲しい。

おうちが、遊び場・体験場になる住宅と家具、そしてお庭をデザイン施工します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆

ちょっと待って!!

住まいづくりを始める前に知っておかなければならないことがあるのです!!

住まいづくり勉強会開催中!!

毎週日曜日の午後から開催。

住まいづくりの

①お金のお話
②スケジュールのお話
③デザインと設備についてのお話

住まいに関心があるひとにはどなたでも必ずお役に立つ情報です。

お申し込みは、こちらから

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 】九万田 忠孝&眞理子

http://www.qt-create.com/

広告

仮住まいへの引っ越しで楽々なひと手間

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市でパッシブデザインの新築注文住宅を提案する おうちが遊び場・体験場、【のびのび子ども住宅】

新築建て替えで仮住まいの引っ越しへ
やらなければならない引っ越し作業のひと手間

おはようございます。
今日も 子どもがのびのび暮らせる住まいづくりを目指します。

本気で聴きます!建築家 のびのび子ども住宅 九万田忠孝です。

お盆が過ぎてもやっぱり暑い日が続きますね。
毎日36度を超える日が続くと、夏バテしてしまいます。

最近は夏バテのせいでしょうか
あっさりする食べ物ばっかりを好んでしまいます。

というなかでも
季節は秋に向かっていることを同時に感じます。

夕方には雷を伴う雨が降り、
町ではブドウが売り出されるのを見ると、
秋だなーって感じます。

早く秋にならないかなー
って、食欲の秋につながって、夏バテのはなしはどこへやら

さて
先日から
高槻市の現場が解体作業が始まりましたとお伝えしました。

新築建て替えでは
解体作業があるからめんどくさいというお声もよく聞きますが、
耐震性や断熱性を考えると、お勧めしたいことはお伝えした通りです。

とはいえ、
やっぱりやらなければならないことがいっぱいあって。

って何があるの?
ということを改めてお伝えしようと思います。

解体作業に向けて
お施主様で行っていただく必要のあることは、大きく分けて2つです。

一つはお引越し作業
もう一つは、各種手続きです。

今日は
1つ目のお引越しについてお伝えしようと思います。

0eb82bb120f7901530697f5e47bc33f6_s

新築建て替えに伴うお引越しは、あくまでも仮住まいへのお引越しですから、多くの方が建築現場の近くに住まわれます。
そして期間も半年程度。
それほど長くはありません。

そこでポイントとなるのは2つ

・半年間をうまく過ごすための引っ越し作業
・新築に住まうときに向けての引っ越し作業

これが大事なんですよね。

ようは荷造りなのですが、
半年間だけだけれども、新築の時に開梱することを考えて梱包することと同時に
必要なものをさっと取り出せるように別枠で梱包することが重要です。

今までお手伝いをさせていただいたお客様でこういう事例がありました。

申請関係で印鑑を頂戴しなければならなかったお客様ですが、
仮住まいにお引越しされて印鑑がどの箱に入れてしまったのかが分からなくなってしまったとのこと。

すぐに印鑑をご用意してほしかったのですが、
探す時間が必要ということもあり、1週間程度遅れてしまったなんてこともありました。

ほかにも
通帳が見つからないので入金できませんけど遅れていいですか?
というようなお話もありました。

見つけたいのに見つからないなんてことは
普段の生活でもあるのですが、仮住まいや引っ越しの途中となると
また大変です。

そもそも
検討もつかないなんてことになりますのでね。

で、私のおすすめポイントですが、
梱包をするときにテープの色を分けるようにすることが良いでしょう。

お客様によっては
字を段ボールに書かれる方もいます。

ただ
誰もが容易に判断できる方法としては、単純な視覚情報なんです。

ようは信号ということで
青は進め、赤はとまれ、黄色は注意というふうに

青はリビング、赤は子ども部屋、黄色は主寝室、緑は倉庫、黄色はキッチンなどなど
テープの色を分けておけば、そこに何があるのかが一目でわかるようになります。

そして
新築の家の間取りに合わせて色分けをしておけば、引っ越し業者さんもそのとおり分けておいてくれるようになります。

そして
重要書類や日々使うかもしれないもの、印鑑とか通帳とか、保険証とかいろいろですね、
そういったものは紛失しないようにご自身で運ばれるのが本当は良いですね。

仮住まいの期間というのは
引っ越しの移動途中なのだと考えて、半年間引っ越しをし続けているのです。

そして
次の家ですぐに生活がもどせるようにする工夫をはじめからする必要がありますね。

というと
次のテーマですが、
断捨離についてもお話しなければなりません。

次回は
新築建て替えに伴う解体作業と断捨離についてお伝えします。

のびのび子ども住宅 は自然素材を使ったおうちが遊び場・体験場を提案するパッシブデザイン住宅会社です

おうちは家族の象徴。
子どもたちが楽しくのびのび過ごす場所であって欲しい。
おうちが、遊び場・体験場になる住宅と家具、そしてお庭をデザイン施工します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆

ちょっと待って!!

住まいづくりを始める前に知っておかなければならないことがあるのです!!

住まいづくり勉強会開催中!!

毎週日曜日の午後から開催。
住まいづくりの

①知って得するお金のはなし
②知らないと損する家づくりのスケジュール
③パッシブデザインで快適住まいづくりの考え方

住まいに関心があるひとにはどなたでも必ずお役に立つ情報です。

お申し込みは、こちらから

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 】九万田 忠孝&眞理子

http://www.qt-create.com/

新築、建て替えに向けての第一歩 解体

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で新築注文住宅を提案する おうちが遊び場・体験場、【のびのび子ども住宅】

新築、建て替えに向けての第一歩 解体

こんにちは
今日も 子どもがのびのび暮らせる住まいづくりを目指します。

本気で聴きます!建築家 のびのび子ども住宅 九万田忠孝です。

8月のお盆も開けて、
昨日から?今日から?
本格的に仕事再開でしょうか?

私は、
13日と14日の2日間お休みをいただいて、15日から仕事再開。
お盆の当日といった感じですか、現場の準備をしなければならなかったので、15日の日曜日から再開でした。

眞理子さんは
子どもたちの夏休みの宿題のCHECKがあるので
もう少し休みがあったらなーといった感じですが。。。
子どもたちも来週には夏休みを終えて、後期がスタートしますね。

みなさんのおうちではいかがでしょうか?

さて、
新築、建て替えのお客様の解体工事が今日からスタートします。

IMG_3998

30年以上お住まいになられた家を取り壊し、新しい住まいに変わっていくための第一歩が今日からスタート。
どんな思いなのでしょうね。

これまで
新築建て替えをなされるご家族にたくさんお会いしてきました。
そのお手伝いをたくさんさせていただきました。

建て替えをするには当然様々な作業が必要になりますが、その作業が手間がかかるといって建て替えを渋られる方も多くおられることでしょう。

そして
それが面倒だという理由でリフォームを検討されるかたも多い。

どちらがいいのでしょうか?
そのように質問されることも多くあります。

リフォームは現状の住まいに手を加えるので、イメージがしやすく、また物理的、時間的な制約も少ないですね。

逆に新築の建て替えになりますと、面倒と思われる、引っ越しや役所などの手続き、電気やガスといった解約など様々な手間がかかります。

やっぱりリフォームがいいと思われるかもしれませんが、
圧倒的な耐震性能や断熱性能を考えると、やはり新築建て替えをお勧めしたいです。

リフォームにはやはり限界があり、
特に基礎部分のやり替えや補修はできなくはありませんが、そこまでの補修をするということは
イコール、引っ越しの手続きなど新築と変わらないさぎょうとなり、
且つ、
工事期間も新築よりはるかに長くなることが多いです。

意外でしょうか?
リフォームは引っ越しをしなくていい、なんてことはなく、
工事期間も短くて済む、
なんてこともありません。

耐震性や断熱性のことを考えて、そのひと手間を惜しむよりも
新築のほうがはるかに今後の30年の住まいを考えると良いものになることでしょう、

今日は
解体の準備作業だけです。

足場をかけたり、ガス管を撤去したり。

明日からは本格的に家を取り壊す作業となります。

解体をするにあたってのやらなければならないことというのを
知っておいた方が良いので、次回からのブログで少しずつ書き綴っていこうと思います。

のびのび子ども住宅 は自然素材を使ったおうちが遊び場・体験場を提案する住宅会社です

おうちは家族の象徴。

子どもたちが楽しくのびのび過ごす場所であって欲しい。

おうちが、遊び場・体験場になる住宅と家具、そしてお庭をデザイン施工します

◆◆◆ 追伸 ◆◆◆

ちょっと待って!!

住まいづくりを始める前に知っておかなければならないことがあるのです!!

住まいづくり勉強会開催中!!

毎週日曜日の午後から開催。
会費は、500円/おひとり (ケーキとお茶の費用です<m(__)m>)

住まいづくりの

①お金のお話
②スケジュールのお話
③デザインと設備についてのお話

住まいに関心があるひとにはどなたでも必ずお役に立つ情報です。

お申し込みは、こちらから

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 】九万田 忠孝&眞理子

http://www.qt-create.com/