準防火地域なので扱う材料が狭まりますが。。。

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市でリフォーム・リノベーション・注文住宅とエクステリア工事を提案する おうちが遊び場・体験場、【のびのび子ども住宅】

高槻市は準防火地域なので扱う材料が狭まりますが、
それを考えるのが設計です

おはようございます。
吉野杉や珪藻土壁・シラス壁でリフォーム・リノベーション・注文住宅とエクステリア工事の
【のびのび子ども住宅】 九万田忠孝です。

 

昨日は雪が降ってびっくりしましたね。
夜に話をしていると、
やっぱり、我が家のまわりはつもっていたけれども、
ちょっと降りたら全然だったようす。

 

数百メートルで
雪の影響を受けるか受けないかの場所に住んでいる九万田です。

 

それだけ自然豊かなところだと思ってください(*´▽`*)

 

昨日、私はずーっと図面を描いていました。
ずーっと集中して描いていると肩がこるものです。

 

おそらく目がつかれちゃうんでしょうね。

 

図面は
新築図面。

 

おおよそ120㎡の延べ床面積の家です。
高槻の住まいで、高さ制限がある地域なので、どのような外観デザインにするかが悩みどころ。

 

ところで

 

準防火地域ってご存知ですか?

 

今日は、そんなお話をしたいと思います。

 

建築には都市計画法という法律がからんできて、
第9条20項で「市街地における火災の危険を防除するため定める地域」が定められています。

 

一番厳しいのは
防火地域、

 

その次に
準防火地域

 

そして
法22条地域となりますが、

 

防火地域は町中の密集地域をイメージしてもらえればいいです。
飲食店舗などがたくさんある繁華街はやっぱり火災の危険が高まりますよね。

 

だから燃えにくい建物を建ててくださいよっという決まりです。

 

法22条地域は
敷地も広いし火災の心配はそれほどいらないかなっていう地域です。

 

そして
のびのび子ども住宅が活動する
北摂の地域はほぼ全域準防火地域以上となっています。

 

私が拠点とする高槻市は
準防火地域以上で、法22条地域はいっさいありません。

 

で、
結局何がどうなるかというと、
私が新築設計する建物は木造住宅と決めていますが、
燃えにく建物にするために様々な規制がかかってくるということです。

 

具体的にどうなるかというと、
防火地域では、木造住宅は延べ床面積が100㎡以下の2階建てという制限を受けますし、

 

準防火地域でも
500㎡以下の木造建物、3階建てまで
という決まりになり、
特に、3階建ては様々な条件が付加されます。

 

3階建てだけでなく
2階建てでも、条件があり、
延焼戦というお隣さんが火事になったときに燃えやすい部分は防火仕様にしてくださいという指定があります。

 

これがなかなかデザイン上に負担をかけます。

 

敷地から広いと
この延焼線は離れるのでその危険がなくなりますからデザイン上の負担はなくなったりしますが、

 

そうではない場所ではほとんどが
この延焼線にからみ、防火対応が必要になります。

 

具体的に言うと
サッシを防火対応にすること
窓ガラスを網入りガラスにすること
防火対応のシャッターをつけること
あと
外壁や屋根についても指定がでてきます。

 

多くの建材が防火対応になっていますが
まだまだデザインで

 

納得!

 

というものまでいかないのも実情。

 

例えば
外壁に木を見せるようにしたい!!
といったご希望には
その下地処理をして防火対応にするなどが必要になってきます。

 

一見
感嘆のようで
下地材料が多くなるので
どんどん外壁が分厚くなってきたりして。

 

すっごく悩ましいんです。
実は。。。

 

それほど気にせず
よく見かけるサイディングという建築材料を使ったりすれば
防火対応は簡単にできますが、

 

本物?

作りモノ?

見た目はどっちがいい?

 

と考えれば、やっぱり本物を使いたいと思いませんか?

 

素材の良さをそのまま活かしていうものはやっぱり本物の素材なんだと思います。
昔から日本の家に使われてきた素材。

 

今の昔もそれが普通なはずなんですから。

 


今考えている外壁は
シラス壁。

スーパー白洲そとん壁W~シラスの健康健在[外装用多機能左官材]|高千穂シラス

これなんですが
これが準防火地域で使うときに
どんな下地処理をすればいいかを昨日考えていまして。。。

透湿性と防水性があり、
かつ
断熱性能も高い外壁材で

 

かなり省エネ効果があると考えています。

エアコンなどの冷暖房の使用を抑えられるすぐれものなので
新築をされるときはこの外壁をお勧めしたいと考えたんです。

準防火地域での対応も
昨日考えた外壁下地でばっちりなので
どんどん提案していきたいと思います。

施工手間がちょっとかかりますが、
住み手にとってのメリット
省エネ、断熱性能のアップはやっぱりいいと思います。

 

今日は

 

この図面の基本を描き上げたいと思います

のびのび子ども住宅 は自然素材を使ったおうちが遊び場・体験場を提案する住宅会社です

おうちは家族の象徴。
子どもたちが楽しくのびのび過ごす場所であって欲しい。
おうちが、遊び場・体験場になる住宅と家具、そしてお庭をデザイン施工します

◆◆◆
追伸
◆◆◆

ちょっと待って!!
住まいづくりを始める前に知っておかなければならないことがあるのです!!

住まいづくり勉強会開催中!!

毎週日曜日の午後2時から開催。
会費は、500円/おひとり (ケーキとお茶の費用です<m(__)m>)
お子様は無料

内容は、住まいづくりの
①お金のお話
②スケジュールのお話
③デザインと設備についてのお話

住まいに関心があるひとにはどなたでも必ずお役に立つ情報です。
お申し込みは、こちらから

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23の17
電話&FAX:072 628 9201
携帯: 090 6658 4378(忠孝)

無料ご相談はこちらから

【のびのび子ども住宅 】九万田 忠孝&眞理子
http://www.qt-create.com/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中