自分の家が、盛土の上に建てられているとしたら。。。

盛土

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で

健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。

住宅アレルギーからあなたの子どもの健康を守る!

住まいのご相談なら、高槻市の注文住宅、Q.T.Create建築デザインへ。

おはようございます!

高槻市の自然素材住宅 Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝です

少し曇り空の大阪です。

昨日も一昨日も、
えらく暑かったので、
今日のような少し曇り空はホッとします。

あんまり暑すぎるとやっぱり疲れちゃいますね。
どっと汗をかいてしまします。

少し曇り空がいい、

梅雨の時は反対のことを言ってましたっけ??

さて、
今日はこんなお話。

大阪府が大規模は盛土造成について発表するというもの。

NHKのニュースでやっていたそうです。

私も早速大阪府のホームページを確認しました。

多くの自治体がそれを公表し、
大阪府のホームページに載っています。
コチラをご確認ください。
http://www.pref.osaka.lg.jp/kenchikubosai/kikaku_bousai/index.html

盛土って何?という人もいることでしょう。

盛土(もりど、もりつち)とは、
低い地盤や斜面に土砂を盛り上げて高くし、平坦な地表を作る、または周囲より高くする工事。
またはそれが施された道路や鉄道の区間。またその工事によって盛られた土砂そのもののことも指す。

住宅地の開発や道路整備などで平坦な地表が必要なときに行われることが多い。
しかし軟弱な地盤の上にただ土を盛り上げただけでは時とともに地盤沈下が発生しやすい。
それを防ぐため、転圧や地盤の改良工事などの対策をあわせて行う。

周囲より高くして道路や鉄道を通した部分については築堤(ちくてい)と言うことも多い。
また特に、水域や湿地を横断するために設けた盛土のことを土手道という。

ウィキペディアより

もともと山だったところを削って宅地をつくるのが、切土。
その反対で

何もなかったところに土をもってきて宅地をつくるのが盛土。

切土と盛土ではどっちが強いかというと、
やっぱり、切土、

これは、宅地造成等規制法からみてもそう考えられます。
宅地造成規等制法では、

(1) 切土で、高さが2mを超える崖(30度以上の斜面)を生ずる工事
(2) 盛土で、高さが1mを超える崖を生ずる工事
(3) 切土と盛土を同時に行う時、盛土は1m以下でも切土と合わせて高さが2mを超える崖を生ずる工事
(4) 切土、盛土で生じる崖の高さに関係なく、宅地造成面積が500㎡を超える工事

とあり、
盛土のほうが、切土より小さくすべしとありますよね。
切土は2m、盛土は1m。

新しい土は締固めが不十分なため、
新しく宅地を作った場合崩れてしまうことがあるから小さめにしなさいよってことですから、
盛土よりも切土のほうが良いってことです。

しかし、
そんなこと正直、なかなか気にしないかもしれません。

多くの方が
そんな、切土や盛土って聞いたことのないコトバかもしれませんから。

知らないままでいる。
しかし、知ってしまえば、不安でならないだろうと思います。

もし
自分が住んでいる家が盛土の上に建っているって知ったら、不安になるでしょうね。
地震がきたり、大雨がきたりすると、
崩れやすい土地だということですから。

新しく土地を探す時には
やはりそういったことの専門知識を持っている私たち設計家が必要なのだと改めて思いました。

私が活動する
高槻市も造成地が多いですし、山が多いです。

近隣の
茨木市も箕面市も同じですね。

その土地がどういう土地なのかをしっかりと調べて、
これから土地を購入される方に正しい情報をお伝えしていくことが大事。

家のデザインだけではなく、土地探しから一緒にお手伝いをさせていただくことが大事なことだと
改めて自分たちがやっているサービスの必要性を感じました。

◆◆◆Q.T.Create 建築デザイン は自然素材住宅専門の設計施工会社です◆◆◆

お施主様の悩みって何??

資金計画、住宅ローン、土地探し

打合せがちゃんと出来るのか?

スケジュールはちゃんと進められているのか?使われている材料は大丈夫か?

将来の漠然とした不安、先ずは、お施主様の望まれる住まいづくりを本気で聴くコト

そこからが私達Q.T.Create建築デザインの仕事です。

高槻市で

土地探しから資金計画までマトメテ担当させていただきます!!

ご相談は、

高槻市の注文住宅、Q.T.Create建築デザインへ

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23−17

電話&FAX:072−628−9201

携帯: 090−6658−4378(九万田忠孝)

無料ご相談フォームはコチラ

Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝・九万田眞理子

http://www.qt-create.com/