健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも その7=ヨーロッパは石積みの家?

健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも。その7=ヨーロッパは石積みの家?

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?

「こういうの いいね!」をわざわざ創る
本気で聴きます建築家 Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝です

3d0c492d3a9e57b34ed900454be5dcb9_s

今日も良い天気です。
土曜日の休日の朝。
最高ですね。

小さいころ、
休みの日の朝は、
父と母の布団に潜り込んでゴロゴロしていた頃を思い出します。

共働きだった九万田家では
休日がやっと家族が揃う日。
ダラダラと朝を過ごしながら、ゴロゴロするのがなんとも平和でした。

やっぱり
住まいは家族の象徴。
家族がダラダラ、ゴロゴロ、デレデレ出来る場所。

そして、それがいいなーっておもえるのが幸せです。

さて、
健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも。
第7回目を迎えます。

前回は建築基準法の歴史について書いてみました。
ヨーロッパの家と日本の家が比較されてきたことも書きました。

そもそも日本は日本の歴史があり、
その歴史に沿って家づくりもなされてきたわけで。。。

ヨーロッパは石造りの文化と言われますが、
実は木造住宅が半分。
半分が石造りの家なんです。

どうして石造りが多くなったのか?
これは歴史的、文化的、理由があります。

もともと、
湿気が少なく、気候の変化もあまりない、乾燥型の気候。
木が少ないことが理由でした。

また、良い石が切りだされることもあり、
石積みの建物が多くなったのです。

一方、ヨーロッパの北側は木が抱負にありました。
つまり、ヨーロッパの北側は木造文化が栄えました。

覚えています?
西岸海洋性気候。偏西風。などなど。
暖かい湿気を含んだ風が冬でも暖かさを保っているという気候です。

そして
夏は残暑が無く9月ごろにはもう涼しさを感じられる。

ヨーロッパの南側は石積み。
北側は木造。

多くの人が安くて簡単にできる木造住宅が多かったようです。
それは貧富の差。

乏しい人は木造住宅。
富裕層は石造の家。

しかし、それは石積みの家文化にどんどん変わっていきました。

もともと
気候によっと違いがありました。
それが、どんどん石積みが多くなっていったのは、
キリスト教文化が広まっていったことが最も理由として考えられます。

キリスト教における文化は日本の自然観とは全く違うものです。
それは、キリスト教が生まれた荒涼とした地域の考え方でしょう。

子孫を繁殖させよ、そして大地を満たせ。大地を征服せよ。海中の魚、空飛ぶ鳥、地上を這 うすべての生き物を所有し支配せよ。種を結ぶ一切の植物、実のなる一切の木を食物として 人間に与える

つまり、
自然を創りだしたのは超自然的存在の神であり、
人間が自然を支配することによって豊かさを手に入れることが出来る

乾燥した地域で生まれたキリスト教。
自然は脅威そのものだったのでしょう。
その考え・キリスト教が広まるとともに住まいの考え方は変わっていきます。

当然ですよね。
街の礼拝する場所がその街の象徴ですから、理想の建物が建ちます。
それを真似た富裕層がいます。
それをまた真似る庶民がいます。

増えるわけです。
ウチとソトを分ける建物が。

だから、その自然とは一線を画して住まう考え方が生まれていったのだと思われます。
〜あくまでも私見です〜

ウチとソトという考え方が根強くあり、
また、気候も年間通じて穏やか、暑さをあまり感じなく、寒暖の差がある。
そして、
ソトから攻め込まれる侵略の歴史が家を他から守るべきものという考え方になったのでしょう。

だから、石造りの家文化。

しかしこれが比較されたのです。
地震も少なく古い建物が残っているこの地域と日本の家が単純に比較されたのが、
この20年前後だと思います。

日本の家はヨーロッパの家に比べて寿命が短く性能が落ちると。
ちょっと疑問が残りました。
どうして劣るの?と。

そもそも歴史が違うし、気候が違うし、そこにある木が違う。
それなのに日本の建物が劣るとはどういうことって。

もう少し歴史についてお伝えしていきたいと思います。
日本の歴史も知っておかなければならないことがありますからね。

続きは次回のお楽しみに。

リフォーム・新築の現場見学のお問い合せはこちらからhttps://system.formlan.com/form/user/qtcreatekentiku/1/

◆◆◆Q.T.Create 建築デザイン は木造住宅の専門会社です◆◆◆

お施主様の悩みである
資金計画は大丈夫か?
打合せがちゃんと出来るのか?
スケジュールはちゃんと進められているのか?使われている材料は大丈夫か?

将来の漠然とした不安、先ずは、お施主様の望まれる住まいづくりを本気で聴くコト
それが私達Q.T.Create建築デザインの仕事です。

そして
資金計画、設計、職人との打合せ、本気で住まいづくりの打合せを最適化して、
結果、あなたの大切な建築費を10%カットいたします。

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23−17
TEL&FAX:072−628−9201

携帯: 090−6658−4378

E-MAIL:kentiku@qt-create.com

Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝
http://www.qt-create.com/