健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも その3=我慢し続けること

2015-05-20 16.55.47

健康に配慮した住環境を賃貸住宅でも その3
=我慢し続けること=

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?

「こういうの いいね!」をわざわざ創る
本気で聴きます建築家 Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝です

昨日の晩は大雨でしたね。
びっくりしました(@_@。

雷がなりました。
この時期にそんな珍しいですね。
雷がなるなんて。

衝撃的な一日でしたが、他にもこんなおとがありました。
トップの写真。

なんだと思いますか?
浮世絵

浮世絵です。
現物です。コピーとかではなく現物。

目の前で見ることなんてそうそうないものですね。
100年以上の絵ですから。

衝撃の一日です。
なんとも日本の歴史から自分自身の歴史、
そして自分自身のアイデンティティについてかんがえさせられる一日になりました。

だって
日本人ですが、日本のことってあまりにも知らなさすぎなんだなって思ったからです。

ね、そう思いません?私だけ??

知らなさすぎといえば
前回のお話の続きです。

シックハウス症候群の方についてお伝えしてきました。
シックハウス症候群と言われる方がいます。
化学物質過敏症でもあり、様々な困難があるそうです。

私はそれほどひどくはありませんが、
いや、花粉症という点ではアレルギーはひどいのですがね。

シックハウス症候群、化学物質過敏症の方というのは本当にご苦労が耐えないそうです。

さて
賃貸住宅の営業をしていた社長から衝撃的なことをお聞きしたのでした。

シックハウス症候群の人がアパートを探す時ってどうするか知ってるか?

前回お読みいただいた方はこの質問を考えてもらえたでしょうか?

どうやってアパートを探すか?

その答えは
「我慢する」でした。

衝撃のヒトコトでした。
そんなことありますか?

住まいについて「我慢する」

つまり、そんな物件は無いということなのです。
建築基準は厳しくなりました。
省エネ住宅を目指し断熱性能および気密性能を追求した結果、シックハウス症候群という病気が表に出てきました。

そして、その結果
24時間の換気基準が義務付けられる。

しかし
それだけではシックハウス症候群の方々の症状に改善には繋がっていないとうことです。

実際に賃貸住宅を借りられる方は、

「クロスの張り替えがなされていない古い状態で貸してくれるところはありますか?」
「築10年以上経っているアパートはありますか」
「多少隙間風が入るような古いアパートを探しているんですけどありますか?」

どうでしょうか?
そんなことってアリですか?

ビックリしたんです。
本当に衝撃的だったんです。

日本にこのような古いアパートはありますが、実際に不動産仲介業者さんは率先してこういった物件を薦めてくれるのでしょうか?

答えは
NO!!です
実はそんなことはしないんですよね。
どうしてかって?

賃料が安いということは、不動産仲介業者にとって手数料が非常に少ないということになります。
手数料商売の不動産業にとってはメリットの少ない話です。
そして
めんどくさい客です。

他のお客様はそういったこと言いませんから。
新しい家を探します。
広い家を探します。
駅から近い利便性を追求します。

シックハウス症候群の方は、
肩身の狭い思いをされているという

私は衝撃の事実を知ることになったのでした。

しかし
九万田が薦めていた住宅というのは。。。

続きは次回に。

リフォーム・新築の現場見学のお問い合せはこちらからhttps://system.formlan.com/form/user/qtcreatekentiku/1/

◆◆◆Q.T.Create 建築デザイン は木造住宅の専門会社です◆◆◆

お施主様の悩みである
資金計画は大丈夫か?
打合せがちゃんと出来るのか?
スケジュールはちゃんと進められているのか?使われている材料は大丈夫か?

将来の漠然とした不安、先ずは、お施主様の望まれる住まいづくりを本気で聴くコト
それが私達Q.T.Create建築デザインの仕事です。

そして
資金計画、設計、職人との打合せ、本気で住まいづくりの打合せを最適化して、
結果、あなたの大切な建築費を10%カットいたします。

高槻市・茨木市・箕面市・吹田市で長く健康に住むことを考えた注文住宅、リフォーム、リノベーションをすすめています。シックハウス・アレルギー・電磁波・寒暖差など様々な住宅のバリアーからあなたを守る住まいづくり一緒に考えませんか?

〒569-1046 大阪府高槻市塚原2丁目23−17
TEL&FAX:072−628−9201

携帯: 090−6658−4378

E-MAIL:kentiku@qt-create.com

Q.T.Create建築デザイン 九万田忠孝
http://9manda.wix.com/qtc-kentiku-design